格安SIMランキング

マイネオの特徴

マイネオは長期契約(2年縛り)が無く、料金プランがシンプルで分かりやすいのが特徴です。通信速度もUQモバイルに次ぐ速さで、顧客満足度も高いです。信頼性とシンプルさを兼ね備えたMVNOです。

価格
音声通話SIM1,310 円から
評価
評価5
備考
3ヶ月間・500円引きになるキャンペーンを実施中です。

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルはスーパーホーダイというプランが人気です。契約している容量(2GBや6GBなど)を使い切った後も1Mbpsの速度で使い放題となります。10分以内の国内通話もかけ放題となるので、よく電話をする人に向いています。スーパーホーダイは2年または3年の長期契約となりますが、とにかく長期間無制限で安くしたいという方におすすめです。

価格
音声通話SIM1,480 円から
評価
評価4
備考
企業規模は最大

IIJmioの特徴

「2年縛りなし」「料金変動の落とし穴なし」とホームページ上に書いており、ユーザーのことをよく考えている会社という印象を持ちます。実際に、月々「1,980円」と書いておきながら、2年目からは1,000円アップする会社もあります。IIJmioは分かりやすくて裏もなくて信頼性では一押しです。それでいて価格も十分に安いです。

価格
音声通話SIM1,600 円から
評価
評価4.5
備考
東証一部上場

こだわりで選ぶ格安SIM

スマホは人によって使い方が違いますし、各MVNOが提供するプランにはそれぞれ特色があります。

 

そこで、色んなケース(こだわり)を想定しておすすめの会社を選びました。MVNO(格安SIM)選びの参考にして下さい。

 

■ 速度重視ならUQモバイル

 

インターネットをサクサク使いたいという方にお勧めなのは『UQモバイル』です。UQモバイルは、CMでもお馴染みの“安さや速さ”が売りの格安SIMです。UQモバイルはauの通信回線を使用しているため、提供エリアの範囲はauと同じで人口の99%をカバーしています。

 

スマホの通信規格と言えば少し前まで3Gが一般的でしたが、現在はスマホの殆どが4G/LTEという通信規格を使用しています。LTEは対応機種やエリアにより最大受信速度が変わり、実測通信速度は20〜50Mbpsくらいのようです。

 

そして上のグラフの通り、UQモバイルは実測でNo.1の格安SIMです。

 

UQモバイル公式ページ

 

■ 動画無制限ならBIGLOBE

 

BIGLOBEモバイルにはエンタメフリー・オプションがあります。月480円のオプション料金を払うことで、YouTubeが見放題となります。

 

他にも、Google Play Music、YouTube Music、、Apple Music、Spotify、Amazon Music、LINE MUSIC、radiko.jpなどの音楽・ラジオ配信も聴き放題です。

 

お子さんがよくYouTubeを観る家庭だと、BIGLOBEモバイルを契約することでかなりの節約になるかもしれません。

 

 

特に今は初期費用0円で月額料金が400円からという意味不明なぐらい安いキャンペーンの最中なので、今のうちに加入しておくことをおすすめします。

 

BIGLOBEモバイル公式ページ

 

■ データ無制限なら楽天モバイル

 

BIGLOBEモバイルの場合はオプション料金を払うことで動画が見放題となりますが、楽天モバイルのスーパーホーダイはオプション料金なしで1Mbpsの速度を無制限で使えます。

 

動画や音楽だけでなく、SNSを見たりサイトやブログを見るなど、ネットをすべて無制限で使えるのが嬉しいですね。

 

楽天モバイル公式ページ

 

■ 今持っているスマホをそのまま使うならマイネオ

 

マイネオはトリプルキャリアに対応しています。そのため、ドコモ・au・ソフトバンクで使っていたスマホをSIMロック解除せずにそのまま使うことができます。

 

今のスマホをそのまま活用したい人におすすめです。

 

マイネオ公式ページ

 

■ 価格重視ならキャンペーンを活用する

とにかく安い方が良い!という方は激安キャンペーンをやっているMVNOを選ぶのがおすすめです。

 

今だとLINEモバイルが3ヶ月間・月300円から使えるキャンペーンを実施中です。

 

LINEモバイル公式ページ

 

BIGLOBEモバイルは初期費用が0円で、月額料金は6ヶ月間400円からです。

 

BIGLOBEモバイル公式ページ

 

各社キャンペーンのまとめ

今実施中の各社のキャンペーンをまとめました。

詳細を見てみる

■ 端末とセットなら楽天モバイル

格安SIMを提供している会社の中には、携帯電話端末も合わせて販売しているところがあります。しかし、ほとんどの格安SIMの会社では、それほど多くの種類の携帯電話端末を取り扱っていません。折角スマホを購入するなら、沢山の種類の中から、機能やデザインなど自分好みの1台を見つけたいですよね。

 

 

格安SIMだけでなく、携帯電話端末も一緒に申し込みを検討している方は、沢山のスマホ端末を取り扱いしている楽天モバイルがおすすめです。

 

楽天モバイルは販売している携帯電話端末の種類が豊富で、現在は25種類以上のスマホ端末の取り扱いをしています。嬉しいことにアンドロイド端末だけでなくiPhoneも販売しています。

 

楽天モバイル公式ページ

 

 

格安SIMの選び方も色々あるなぁ。


 

そうなんだ。どの会社も同じように見えてそれぞれに特徴があるし、スマホの使い方は人それぞれだから、万人におすすめの格安SIMは無いよ。


管理人おすすめの格安SIM

最後に、特にこだわりが無いという人に向けて、当サイトのおすすめをご紹介します。

 

私のおすすめは、先ほどから何度も名前が出ているマイネオです。

 

 

格安SIMのシェアが楽天に次ぐNo.2で、顧客満足度はNo.1の会社です。

 

マイネオは実質的な1年契約で、大手キャリアほどの縛りがありません。シンプルな契約で料金も分かりやすいです。

 

▼ドコモプランの例

 

 

▼上記の価格でも十分安いと思うのですが、今はキャンペーン中で月額料金が3ヶ月間500円引きになります。

 

 

ソフトバンクにも対応したので、これまで使っていたドコモ・au・ソフトバンクのスマホをSIMロック解除せずにそのまま使えるのは大きなメリットです。

 

格安SIMがよく分からなくて迷っている方にはマイネオをおすすめします。

 

マイネオ公式ページへ