※ お得なキャンペーン情報 ※

マイネオが、6ヶ月間も月333円から利用できる超お得なキャンペーンを実施中です。



この夏、どの格安SIMよりもお得なキャンペーンだと思います。

マイネオ公式ページへ

MVNOとは?

MVNO

2014年11月以降、楽天モバイルやDMMモバイル、NifMoなどの大手が続々参入し、世間一般の認知度もグングン上昇しているのが「MVNO」です。

 

「MVNO」は 「Mobile Virtual Network Operator」の略で、日本語では「仮想移動体通信業者」と訳されます。

 

MVNO」に対して、「MNO」は「Mobile Network Operator (携帯電話事業者)」であり、いわゆるDocomo、Softbank、auの3大キャリアはMNOになります。

 

2つの大きな違いは

 

「MNO(キャリア)」

 

⇒ 携帯通信に必要なインフラ設備やネットワークを自ら持ってユーザーに提供

 

MVNO

 

⇒ 自らはインフラ設備を持たない、または最小限の設備のみ保有。MNOが持つ設備・通信帯域の一部を間借りしてユーザーに提供

 

という点です。

 

スマホ向けMVNOとしては以下の5社が有名です。

 

1. 楽天モバイル
2. マイネオ
3. UQモバイル
4. LINEモバイル
5. Y!mobile


MVNOの位置付け

「格安スマホ」だとか「格安SIM」とかいうものを、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。それらは「MVNO」によるものです。

 

上記のようにMVNO各社はMNO(キャリア)から間借りした電波帯域を使用し、ユーザーに対して一定の制限をかけるなどの工夫をしながら携帯電話通信サービスを提供することで割安な料金を実現しています。

 

3大キャリアのスマホ料金とプランはある時期から硬直化し、「●●放題」なるプランをはじめとし、いずれも料金は高止まりしています。

 

それに対して、MVNOの提供するプランはいずれも低価格となっています。

 

特に「通話・通信頻度の低い人」は効果的に利用することで、より自分に合ったプランを選択し、使い方によってはスマホ通信費を大幅に節約することも可能になっています。

 

MVNOの盛り上がりによって、私達のスマホプランの選択肢は大きく広がっているのです。

でも「格安」スマホって性能やサービスが悪そうだけど・・

格安スマホ大丈夫

 

MVNOと3大キャリアのサービスを単純に比較した場合、安価な分MVNOの方が多少見劣りするのは確かです。

 

決して許容できない程の差がある訳ではなく、使い方次第ではほとんどキャリアと変わらない感覚での使用も可能です。

 

実際のところ、管理人もソフトバンクからマイネオや楽天モバイルに乗り換えをして、充分使えるものであることを体感しています。