スマホ使用に必要な通信速度の目安は?

スマホ必要速度目安

 

実際のスマホ使用のためには、どれくらいの通信速度が必要なのでしょう?

 

通信速度が速ければ速いほどデータの送受信が速くできるので、待ち時間が少なくなって快適に使用できることになります。

 

あまりにも通信速度が遅い環境下で大きなデータをやり取りしようとすると、動画ファイルであれば途切れ途切れのコマ切れとなり、もはや動画ではなくなりますしファイルのダウンロードなどは途中でタイムアウトエラーとなることもあります。

 

そういう意味では速いに越したことはありませんが、安定した高速通信速度品質を確保しようとすればするほど月々の料金は高くなっていく傾向となります。

 

また実使用にあたっては、ある一定値を超えてさえいればOKというのもあります。高画質動画を見るにしても実効速度(実際に出ている速度)は3Mbpsもあれば充分、というケースもあります。

 

用途で必要速度は大きく異なり、メール等の文字テキストだけの送受信なら低速でも充分ですし、動画であれば大量のデータを連続して受信する必要があるので安定した高速が求められます。

 

さらに使用者による感覚の違いがあります。ネットサーフィンして表示が遅くてもある程度我慢できる人もいれば、何をするにしてもすぐ表示されないと満足できない人もいると思います。

 

そのため、「どれだけの通信速度が必要か?」は人によって異なり一概には語れませんが、目安としては下記のようになります。

 

メール、LINE ⇒0.1〜0.2Mbps

 

低画質動画 ⇒0.3〜0.6Mbps

 

ネットサーフィン(軽いサイト中心) ⇒0.5〜1Mbps

 

Google Mapなど、地図検索 ⇒1Mbps

 

標準画質動画 ⇒0.7〜1.5Mbps

 

ネットサーフィン(重いサイト、画像多いサイト) ⇒2Mbps

 

高画質動画 ⇒3Mbps

 

ハイビジョン動画 ⇒5Mbps