※ お得なキャンペーン情報 ※

LINEモバイルが、3ヶ月間も月300円から利用できる超お得なキャンペーンを実施中です。



この冬、どの格安SIMよりもお得なキャンペーンです。※1/31まで

LINEモバイル公式ページ


格安SIMでYouTubeは見られるの?必要速度&データ量を調査して検証

youtube

 

格安SIMって通信速度が遅くなるんだよね〜?

 

僕YouTubeとかよく見るんだけど、スムーズに見られるレベルなの?

たしかにドコモとかと比べると遅くなるし、格安SIMにもよるけど・・

 

大丈夫!快適に見られるよ。

えっ、ホントに〜?

 

速度が遅くなると動画アプリって途切れてよく固まったりするんじゃないの?

YouTubeは使う人がすごい多いアプリだよね?

 

だから、快適に使えるように制御して、YouTubeだとスピードが速めに出る格安SIMも多いんだ。

そうなんだ!?

 

YouTubeにオススメな格安SIMを教えてほしい!

了解。

 

じゃあYouTube見るのに「どれくらいの通信速度が必要」で「データ量を消費する」のか?

 

っていうあたりも含めて、順を追って説明するね!

 

※ 一番下でYouTubeを無制限で快適に見られる格安SIMをご紹介しています。読むのがめんどくさいって方は全部すっ飛ばして一番下の【追記】をご覧ください。


格安SIMでYouTubeは快適に見られるのか?

格安SIMでは通信速度がキャリアよりも遅くなるのがネックです。なので、ドコモやauではスムーズにできるYouTubeの視聴が格安SIMではできないんじゃ・・?という心配が乗り換えにあたってはありますよね。

 

ただ、そもそも「スマホ通信でYouTube視聴に必要な通信速度はいったいどれくらいなのか?」というのがよくわかりません。そこで、目安を知るために実測調査!してみました。

動画視聴に必要な速度は?調査概要

とはいうものの、通信速度というのは目に見えないもので、なかなか奥が深くてつかみどころがないというのも事実です。

 

例えばネットサーフィンのサイト読み込みの場合は、表示までに待てる時間が各人で異なったり、サイトを全て表示するのに2 、3回断続的に通信が行われたりすることもあったりします。

 

なので、何を基準に必要速度とするか?の設定がなかなかバシッと決められません。

 

ただ、動画の場合はその名の通り連続的に画像が受信できず、途切れ途切れでは動画とは言えません。そういう意味で基準はシンプルに考えることができます。

 

上記の考えに基づいて、

 

「通信開始後に待ち時間なく、最初から最後まで途切れずに動画を視聴できるのに必要な速度は?」

 

という観点から実測調査を行ってみました。対象は最もメジャーで利用頻度が多い動画共有サービスの「Youtube」です。

 

Youtubeではダウンロードが閲覧点よりも先行して進み、閲覧点が近づいてくると再びダウンロードが進む・・というサイクルが繰り返されます。プログレッシブ・ダウンロードと呼ばれる方式です。

 

理屈でいけば

 

@【動画の総データ量】/【動画時間】
A【実際の通信速度】

 

が@≦Aという関係性であれば、ダウンロードの待ち時間無く動画は途切れずに最初から最後まで視聴できることになります。

 

そこで、

 

@【動画の総データ量】/【動画時間】

 

を実測・計算して、今回の条件を満たすのに最低必要な通信速度と考えました。

 

調査方法としては、「通信量モニター」というアプリにて【Youtube動画1本をダウンロードするのにかかった通信量】=【動画の総データ量】を測定しました。

 

そして、【動画の総データ量】/【動画時間】から必要な速度を算出してみました。

 

(注)測定結果には誤差があり、通信環境や動画の仕様によって左右される要素もあります。数値や視聴可能時間帯などはあくまで目安として考えてください。

Youtube動画の通信データ消費量は?調査結果【144px〜1080px解像度別】

youtubeデータ消費量

 

Androidスマホやパソコンでは、Youtubeを再生する時に「360px」、「720px」というように解像度(画質)が選択可能です。解像度を高く設定すれば画質が良くなりますし、低くすればその逆という具合。

 

(※)iPhoneの場合は、OSやアプリのバージョンによって解像度の設定はできたりできなかったりします。その場合は出ている通信速度によって解像度が最適化されます。

 

画面サイズにもよりますが、一般的に解像度は

 

スマホ ⇒ 360px
パソコン ⇒ 480px

 

あれば、標準的な画質でYoutube動画を見ることができます。

 

画質がよくなれば、当然その分動画の容量サイズも大きくなっていきますが、各解像度ごとで消費する通信データ量はどれくらいになるのでしょう?

 

通信量モニターにて測定した結果が下の表です。

<測定結果>Youtubeの通信データ消費量

youtube動画通信容量

  • 単位はMB。
  • 2015年1月〜4月に測定。2017年7月に数本測定追加。現在は削除されているタイトルもあります。
  • SIMフリー端末/LG G2 mini、ASUS ZenFone5、Huawei nova liteおよび白ロム/Optimus it l-05eの異なる4機種で3〜5回測定した平均値。
  • 計測用SIMカードはIIJmio、OCNモバイルONE、DMMモバイル、楽天モバイル、NifMo、ぷららモバイルLTEを使用。
  • 一部タイトルはスマホ通信、テザリング通信の両方にて測定。

 

動画の時間が長く、解像度が高くなるほど通信データ容量が増えるというのは当然の話ではありますが、同じ解像度でほぼ同じ時間の動画でもタイトルによってバラつきがありました。

 

これは誤差もあるとは思いますが、明らかにデータ容量が異なっているものもあります。動画作成者がどのようにアップロードしているのか?その仕様によって違いが出ていると考えられます。

 

また、スマホ通信とテザリング通信では、一部のタイトルではテザリングの方が若干通信容量が少なめの傾向となっています。

 

イメージとしては同じかテザリングの方が多くなる、と思ったのですが、それに反する結果も出ています。これについては測定方法や、スマホとテザリングでの通信の違いが影響しているのかもしれませんが、明確な理由まではわかっていません。

 

ちなみに、異なる機種のスマホ、>SIMカードを用いた計測をしましたが、機種やSIMカードを変えたことによって結果に明らかな差が出る・・ということはありませんでした。

 

ただ、Youtubeのバージョンがあまりにも古かったりすると通信制御方法も異なるのか、結果に差が出る様子も見られました。掲載結果に関しては全てバージョンを10.14以降としたのを載せています。

 

結果から、1分あたりのデータ通信量を計算すると、各解像度毎で平均値は以下のようになります。

 

<Youtubeで1分間に消費するデータ通信量>

144px :2MB

 

240px :3MB

 

360px :4MB

 

480px :7MB

 

720px :12MB

 

1080px :21MB

 

目安として、480pxで10分間Youtube動画を見ればおおよそ70MBの通信容量を消費しますし、1080pxなら210MB消費するということになります

 

高速データ通信容量1GB/月のプランであれば、10分間の480px動画をおおよそ14回見ると通信容量を使い切る計算です。

 

Youtube動画視聴の際に、どれくらいのデータ通信容量がかかるのか?データ容量プラン選定の際の参考にしてみてください。


Youtube動画に必要な通信速度調査結果【144px〜1080px解像度別】

youtube必要速度

 

次に、youtube動画を視聴するのにどれくらいの通信速度が必要なのか?について。上に掲載した通信データ消費量測定結果から

 

@【動画の総データ量】/【動画時間】

 

を計算すると必要な通信速度の目安が算出できます。

 

youtube動画必要通信速度

  • 単位はMbps。

 

結果から、

 

「ダウンロードの待ち時間無く、途切れずに最初から最後までYoutube動画視聴するのに必要な通信速度」

 

は平均すると各解像度毎で

 

144p :0.24Mbps

 

240p :0.37Mbps

 

360p :0.54Mbps

 

480p :0.91Mbps

 

720p :1.64Mbps

 

1080p :2.81Mbps

 

となりました。

 

144pxなら0.24Mbps(240Kbps)、1080pxなら2.81Mbpsが必要ということになります。これらの数値と具体的に格安SIMで出る通信速度とを見比べて、実用性について考えてみます。


格安SIMでLTE高速通信時にYoutubeはどれくらい見られる?

youtube速度どれくらい必要

 

格安SIMでも高速通信でYouTubeをガンガン見たい!という方は多いと思います。ここでの高速通信はLTE通信を想定します。

 

結果からいくと、「480pxなら1Mbps」、「高画質の1080pxでも3Mbps」が実効速度として安定して出続けていれば、動画は待ち時間無く、途切れずに再生可能ということになります。

 

へ〜、LTEって最大150Mbpsとか262.5Mbpsとか出るんでしょ?

 

1Mbpsとか3Mbpsなんて余裕なんじゃないの?

うん。

 

でも、あくまでそれは「最大値」だからね。特に、回線にゆとりがない格安SIMではなかなか厳しい場合もあるよ。

格安SIM全般でのYoutube視聴目安

格安SIMに限らず、スマホ通信で回線が混雑する時間帯は下記になります。

 

<通信回線が混雑してる時間の目安>

通信速度混雑時間帯

 

で、実際どれくらいの速度が出るのか?というと、空いている時間帯ならほとんどの格安SIMで、スピードテスト10Mbps以上は余裕で出ています。なので空いている時間なら高画質でもスムーズに再生が可能と考えて大丈夫です。

 

一方、回線が混雑する時間帯は遅くなって苦しくなる場合もあります。ただ、速度良好なMVNOならスピードテストの測定値で平均3Mbps以上出ているところもあり、1080pxでの視聴もクリアできる数値が出ています。

 

ただ、

 

スピードテストアプリでの速度測定
Youtube動画視聴

 

ではアクセスしているサーバー等、通信の経路が異なるのに加え、アプリの測定方法も平均値をとっているとは限りません。なので、速度測定アプリで上記数値が出ているからといって必ずしもOKとはなりません。

 

そして、動画の視聴にあたっては常に安定した速度が出ている必要がありますが、混雑する時間帯では速度のアップダウンも激しかったりするので、その分も考慮する必要があります。

 

なのでスピードテストの測定値ベースで考えると、1.5倍くらいの余裕を見込んだ

 

480px ⇒ 1.5Mbps
1080px ⇒ 5Mbps

 

が必要速度の目安になります。

 

実測結果と見比べると、通信速度がそこそこ良いMVNOの場合、下記が待ち時間無くYoutube動画視聴が可能な時間帯目安と言えます。

 

480px〜(スマホでやや綺麗と言える画質)

⇒ 平日12時30分周辺の最混雑帯を除く時間帯

 

720px〜(パソコンでやや綺麗と言える画質)

⇒ 上記の最混雑時間帯や、夕方〜夜などに通信が相当集中した時を除く時間帯

 

格安SIMによってはYouTubeがスピードテスト値以上に快適に!

YouTubeは利用者数がすごく多いアプリです。

 

なので、格安SIMによってはYouTube利用時はスピードテスト値以上に速度が出るような制御をして快適に使える様子が確認されています。


格安SIMで低速通信時(速度切替、制限時)にYoutubeはどれくらい見られる?

youtube格安SIM低速切替時

 

大容量の高速通信をして速度規制がかかったり、格安SIMによっては任意で切り替えできる低速モード。この時は、たいていの格安SIMで速度が最大200Kbpsに制限されます。

 

この最大200Kbpsとなった時、YouTube動画は見られるのでしょうか?

最大200Kbpsの速度だと、YouTubeを見るには余裕がない

速度測定結果からいくと、低速切替時の最大200Kbpsの速度では、最低解像度の144pでも動画視聴は厳しい・・ということになります。バースト転送機能」がある場合も、速度が速くなるのは通信の最初だけなので効果はほぼ無く、同じ話になります。

 

ただし、これは動画通信を開始してそのまま最後まで途切れずに再生しようと思った時の話で、多少途切れてもよかったり、ダウンロードが完了するまで待つならばもちろん再生は可能です。

 

参考までに低速通信200Kbpsにて10分の動画1本をダウンロードするのにかかる時間はどれくらいか?計算すると、各解像度ごとで

 

144px :12分
240px :18分
360px :26分
480px :45分
720px :81分
1080px :143分

 

になります。

 

144pxであれば、ダウンロード開始から2分待ってから再生開始すれば途切れずに最後まで見られる計算。

 

この程度であれば待つのも可能かもしれませんが、それ以上の解像度になってくると待つ時間が動画の時間と同じかそれ以上になってしまい、ちょっと実用的ではなさそうです。

 

YouTubeにアップロードされている動画の仕様によっては容量が少ないものもあります。最大200Kbpsの速度にて、低解像度設定で多少途切れながらでも見られる動画は実際ありますが、低速切替時のYoutube動画視聴に関してはそこまで期待はできない・・と考えておいた方がよいでしょう。

 

そうか〜低速モードなら無制限で使えるとこが多いけど、Youtubeはちょっと厳しいんだね〜・・残念。
うん。

 

ただ、中には低速時の速度を速めに設定しているとこもあるよ!

 

例えば「楽天モバイルのスーパーホーダイプラン」ならほとんどの時間で低速時に最大1Mbpsの速度設定。

 

360p〜480pくらいの画質なら実質無制限で使えるから、検討の価値アリだよ。


【追記】YouTubeを高速で見放題の格安SIMが登場

色々と小難しいことを書いてきましたが、結局のところ高速かつ無制限でYouTubeを見られる環境があれば良いわけです。

 

それがBIGLOBEモバイルで実現できるようになりましたのでご紹介します。

 

BIGLOBEモバイルの特徴

BIGLOBEモバイルをおすすめする理由はエンタメフリー・オプションがあること。月480円のオプション代を追加で支払うことで、YouTubeやAbemaTVなどの動画サービスが見放題になります(データSIMは980円)。例えば3GBのプランでこのオプションを付けた場合は月2,080円です。YouTubeのヘビーユーザーにとってはこれ以上ない格安のSIMとなります。

価格
音声通話SIM1,600 円から
評価
評価5
備考
古くからプロバイダも手がける企業。UQモバイルと同じくKDDIの子会社