楽天モバイルはこんな格安SIM

楽天スーパーポイントが貯まる&使える

楽天モバイル最大の特徴でもあるのが「楽天スーパーポイント」に対応していることです。

毎月、楽天モバイルの利用料100円につき1ポイントが貯まります。例えば楽天モバイルの利用料が3,000円だった場合は、30ポイントが貯まる計算です。

 

さらに、楽天モバイルの音声通話SIM(スーパーホーダイ含む)を契約すると、楽天市場で買い物をした際のポイントが+2倍されます。

 

貯まったポイントは楽天市場など楽天の各種サービスで使えるほか、1ポイント=1円で楽天モバイルの利用料の支払いに充てることができます

 

他にもポイントが貯まる格安SIMはありますが、使い道がなく結局無駄になるだけのものが多いです。それに対して、楽天スーパーポイントであれば楽天市場はもちろんコンビニやレストランでも使えるので、無駄になりません。

プランの種類が豊富

楽天モバイルは料金プランの種類が豊富なのも特徴です。

 

料金プランは大きく分けて、

  • 組み合わせプラン
  • スーパーホーダイ

の2種類があります。

 

組み合わせプランはデータ通信量とSIMカードタイプ(通話SIM/データSIM/050データSIM)を自由に選べるプランです。

 

容量は3.1GB/5GB/10GB/20GB/30GBの5種類用意されており、自分のスマホの使い方に合わせて容量を選べます。音声通話がなくて月額料金が安いデータSIMも選べるので、サブ端末やタブレットで使いたい人にもぴったりです。

 

一方、スーパーホーダイは通話SIMと10分かけ放題がセットになり、最大1Mbpsのデータ通信が使い放題というプランです。データ通信をたくさん使いたい人や、短い通話を何度も利用する人に向いています。

 

このように自分の使い方に合ったプランを選びやすいのも、楽天モバイルの魅力です。

口座振替とデビットカード払いにも対応

楽天モバイルでは料金の支払い方法として以下の3つが用意されています。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 口座振替

クレジットカード払いに加えて、デビットカードと口座振替による料金支払いにも対応しています。

 

一般的な格安SIMではクレジットカード払いしかできないので、クレジットカードを持っていない人や、持っていても使いたくない人は利用しづらいことがあります。そういった人にとっては、デビットカードと口座振替も利用できる楽天モバイルはかなり貴重な格安SIMですね。

 

ただし、デビットカードは「楽天銀行デビットカード」と「スルガ銀行デビットカード」の2種類しか利用できません。

 

また、口座振替の場合は利用料とは別に100円の手数料がかかるので気を付けましょう。

専用アプリの使い勝手が◎

楽天モバイルには専用アプリ「楽天モバイルアプリ」が用意されています。

 

 

専用アプリでは起動してすぐにデータ通信量の確認ができるほか、

  • 契約内容の確認
  • 過去の利用明細の参照
  • 高速通信のオン/オフ
  • データ容量の追加チャージ
  • APN設定

といったことがスマホからワンタッチでできます。専用アプリがない格安SIMも多い中、これだけ使い勝手の良いアプリを用意しているのはさすがですね。

高速通信容量の繰り越しができる

高速通信容量が余った場合は翌月に繰り越すことができます。

 

▼これは5GBで契約している時の例です。前月の容量がかなり余って繰り越しとなり、当月分の5GBと合わせて9GBもある状態です。

 

 

こんなに容量があれば動画もたくさん見れます。ただ、余った分をずーっと引き継げる訳ではなく、あくまでも翌月までですのでご注意下さい。

 

この例だと、例えば6GB残っても、翌月に引き継げるのは当月分の5GBなので、翌月の最大容量は10GBということになります。