※ お得なキャンペーン情報 ※

マイネオが、6ヶ月間も月333円から利用できる超お得なキャンペーンを実施中です。



この夏、どの格安SIMよりもお得なキャンペーンだと思います。

マイネオ公式ページへ

スーパーホーダイ1Mbpsで動画は見られるの?YouTube他まとめ

スーパーホーダイ動画タイトル

 

速めの低速モードを、無制限使い放題できる楽天モバイルの「スーパーホーダイ」プラン。

 

通信量が多くなる動画アプリを、データ容量気にせずにスーパーホーダイで見まくる!というのは魅力的な使い方の一つです。

 

スーパーホーダイの低速モード設定速度は最大1Mbps(1日に2時間だけ300Kbps)。この速度で動画を快適に見られるのか?

 

使う人多めな動画アプリ

 

YouTube
AbemaTV
DMM動画
hulu
Amazon prime video
Gyao!

 

で消費する通信データ量から、必要な通信速度を計算して1Mbps(300Kbps)と比較!また、実際スーパーホーダイでアプリを使って検証してみたまとめになります。

 

検証結果の結論をシンプルにまとめますと、

 

1Mbpsが出ていれば、ほとんどの動画アプリは標準かちょっと粗いくらいの画質で再生可能

 

最大300Kbpsの12-13時、18-19時は動画アプリは厳しい。見られても画質は粗い

スーパーホーダイ×YouTube

スーパーホーダイyoutube

 

YouTubeを見るのに必要な速度は?

YouTubeを見るのに必要な通信速度はどれくらいなのか?当サイトで調査した目安が下記になります。

 

youtube動画必要速度&消費通信データ量まとめ

 

調査結果から、YouTubeを標準的な画質で見るための速度の目安は

 

スマホ 360px
⇒0.5〜0.6Mbps

 

パソコン 480px
⇒0.9〜1.0Mbps

 

実際は動画によっても多少前後します。

300Kbps時は粗い画質でなんとか

スーパーホーダイでは、12-13時と18-19時の1日2時間、通信が混雑する時間帯に最大速度が300Kbpsまで落ちてしまいます。

 

300Kbps = 0.3Mbps。なので300Kbpsは、上記の必要速度からいけば、標準的な画質で見るには足りない速度になります。

 

この300Kbpsの時でも全くYouTubeが見られなくなるわけではありませんが、途切れずに見られる画質は144px解像度。画質としてはかなり粗くなってしまいます。

 

ただ、アニメなど、動画によっては144pxでもそこそこ見られるものもあります。

1Mbps出てればYouTubeは標準画質で見放題!

必要速度からいくと、スーパーホーダイが低速モードで最大速度の1Mbps近く出ていれば、YouTubeは標準画質以上で見放題!

 

で、実際にスーパーホーダイを使っていますが、1Mbpsが確認されている時なら、やっぱり360px解像度の画質ならYouTubeは快適に見られます。

 

480pxでは速度にだいぶ余裕がなくなりますが、こちらも概ね途切れることなく見られます◎


AbemaTV×スーパーホーダイ

スーパーホーダイabematv

 

AbemaTVを見るのに必要な速度は?

AbemaTVを見るのに必要な通信速度はどれくらいなのか?消費するデータ量から計算した目安が下記になります。

 

AbemaTV必要速度データ消費量

 

調査結果から、AbemaTVをスマホにて標準的な画質で見るために必要な速度は0.5〜0.8Mbpsくらい。実際は動画によっても多少前後します。

300Kbps時は、粗い画質でなんとか見られる

スーパーホーダイで最大300Kbpsになる時間帯。上記の数値から、多少途切れることはありますが、一番粗い「通信節約」モード画質ならAbemaTVを見ることができます。

 

粗くなるので300Kbpsの時間帯はあまり実用的とは言えませんが、アニメとかなら「通信節約」モードでもけっこう楽しめます。

パソコンテザリング×スーパーホーダイではAbemaTV不可

AbemaTVはパソコンの場合、画質設定ができません。

 

で、パソコンで見ようと思うと1Mbpsでは速度が足りない模様。スーパーホーダイでテザリングし、AbemaTVをパソコン見ると再生されません。黒塗りの画面になるか、すごい途切れ途切れになってしまいます。

 

テザリングしてパソコンではAbemaTVは見られない、と考えてもらった方が良いでしょう。

1Mbpsなら、そこそこの画質にてスマホで視聴可能

計算した必要速度からいくと、スーパーホーダイで1Mbps近くが出ていれば、AbemaTVも標準画質以上で見放題!

 

・・なのですが、AbemaTVの場合は画質を自分で設定しても、その時に出ている通信速度によって画質が最適化されてしまうことがあります。

 

で、スーパーホーダイで実際にAbemaTVを見てみると、画質は「最低」、「低」くらいになることが多いです。

 

1Mbps出ていれば、計算上は画質設定「中」で常時見られるはずですが、安定した視聴のために速度に余裕が必要なのか、最適化されて「低」くらいに落ち着きます。

 

動画によってはちょっと粗く感じるものもありますが、そこまでこだわらないなら見放題で使えます。


DMM動画×スーパーホーダイ

スーパーホーダイdmm

DMM動画を見るのに必要な速度は?

DMM動画は、画質選択の際に設定画面に「ビットレート」として必要な速度が出てきます。

 

dmm動画画質設定 

 

必要速度から計算したデータ消費量の目安表は下記になります。

 

動画必要速度データ消費量dmm

スーパーホーダイではDMM動画を快適に見られない

で、ビットレートからいくと、DMM動画を見るのに最低必要な速度は300Kbps。動画にもよりますが、だいたいその次は1000Kbps(1Mbps)になります。

 

300Kbpsと1Mbpsというのは速度的にはぴったりスーパーホーダイの最大速度に当てはまります。ですが、逆に言うと「スーパーホーダイで出る速度」と「DMM動画で必要な速度」にまったく余裕がありません。

 

なので、最大1Mbpsの時間帯に1000Kbpsビットレート画質の動画を再生しようと思うと、途切れてしまってまともに見ることができません。

 

最大1Mbpsの時間帯に300Kbpsビットレートの動画なら途切れずに再生できるものの、300Kbpsビットレートだと画質がかなり粗いので実用的ではありません。

 

最大1Mbpsでこの状況なので、最大300Kbpsになる時間帯にはもちろん無理・・ということに。

 

今回の検証結果では、スーパーホーダイでDMM動画を快適に見るのはちょっと厳しいという結論です。


hulu×スーパーホーダイ

スーパーホーダイhulu

huluを見るのに必要な速度は?

huluを見るのに必要な通信速度を、消費するデータ量から計算した目安が下記になります。

 

動画必要速度データ消費量hulu

 

計算結果から、huluをスマホにて標準的な画質で見るための速度は0.7Mbpsくらい。実際は動画によっても多少前後します。

300Kbpsの時にhuluは見られない

 

スーパーホーダイで最大300Kbpsになる時間帯は、huluは見ることができません。

 

一番粗い「低」画質だとしても、計算上の速度が足りませんし、実際見てみても途切れてしまってまともに見られませんでした。

 

300Kbpsになる時間帯はスーパーホーダイ低速モードでhuluは厳しいと考えてもらった方が良いでしょう。

1Mbps出てればhuluはスーパーホーダイで見られる!

huluの場合、1Mbpsが出ていれば「推奨」モードの標準的な画質で見ることができます。

 

ただ、こちらもAbemaTVと同じく、画質を自分で設定しても、その時に出ている通信速度によって画質が最適化されて粗くなってしまうことがあります。


Amazon prime video×スーパーホーダイ

スーパーホーダイamazonprime

Amazon prime videoを見るのに必要な速度は?

Amazon prime videoを見るのに必要な通信速度はどれくらいなのか?消費するデータ量から計算した目安が下記になります。

 

動画必要速度データ消費量amazonprimeビデオ

 

計算結果からいくと、Amazon prime videoを見るための速度は他の動画アプリと比べてかなり遅くて大丈夫◎ということになります。

300Kbpsの時にAmazon prime videoは見られない

計算上の必要速度が他のアプリより遅くていいものの、上の表から、最低でも0.31Mbpsは必要という結果。スーパーホーダイで最大300Kbpsになる時間帯は、Amazon prime videoは見ることができません。

 

一番粗い「データセーバ」モード画質としても途切れてしまいますし、再生できてもすごい画質が粗くなります。

1Mbps出てればAmazon prime videoはスーパーホーダイで見られる!

で、実際スーパーホーダイで使ってみても、Amazon prime videoは1Mbpsが出ていれば、「高」もしくは「最高」画質のキレイな画像で見ることができます。

 

ただ、こちらもAbemaTVと同じく、その時に出ている通信速度によって画質が最適化されて粗くなってしまうことがあります。

 

Amazon prime videoはストリーミング再生で速度が落ちるとやたらに画質が粗くなるようなこともあったので、少し注意は必要です。


Gyao×スーパーホーダイ

スーパーホーダイgyao

Gyao!を見るのに必要な速度は?

Gyao!を見るのに必要な通信速度を、消費するデータ量から計算した目安が下記になります。

 

動画必要速度データ消費量gyao

 

計算結果から、Gyao!をスマホにてそこそこな画質で見るための速度は0.4~0.5Mbpsくらい。実際は動画によっても多少前後します。

300Kbps時、Gyao!は粗い画質でなんとか

スーパーホーダイで最大300Kbpsになる時間帯。Gyao!も他の動画と同様厳しいですが、一番粗い「最低」画質ならなんとか見ることができます。

 

途切れることも多少ありますが、他の動画アプリよりは300Kbpsでも使えます。

1Mbps出てればGyao!はスーパーホーダイで見られる

スーパーホーダイで1Mbpsが出ていれば、Gyao!は「低」モードの標準的な画質で見ることができます。

 

ただ、こちらもAbemaTVと同じく、画質を自分で設定してもその時に出ている通信速度に波があると、画質が最適化されて粗くなってしまうことがあります。


まとめ

スーパーホーダイ動画まとめ

 

スーパーホーダイで動画アプリがどれくらい見られるのか?各アプリ別で検証しました。全体のまとめは下記のようになります。

最大300Kbpsの時間帯

最大300Kbpsの時間帯(12-13時、18-19時)は再生できないか、できてもかなり画質が粗いのであまり実用的では無い・・ということに。

 

ただ、アニメは画質が粗くても比較的見るに堪えられるものが多いです。

 

YouTube
AbemaTV
Gyao!

 

あたりなら300Kbpsでもアニメならけっこういけたりします。

 

また、上記の通りこの時間帯は低速モードでは厳しいですが、高速モードに切り替えるというのも一つの手ですね。

最大1Mbpsの時間帯

一方、最大1Mbpsの時間帯。こちらも速度に波があると多少途切れたり画質が最適化されて粗くなってしまう瞬間はあります。

 

ですが、DMM動画を除く他の動画アプリなら1Mbps出ていれば動画は標準的か、ちょっと粗いくらいの画質でスマホで快適に見られます。

 

動画アプリの中でも、特に

 

YouTube
hulu
Gyao!

 

はかなり使える印象でした。

 

Amazon prime videoは速度の波の影響で画質が粗くなることが多い感じがしましたが、Prime会員ならダウンロード視聴も可能。ストリーミングでなく、ダウンロードで使うのもアリですね。

 

楽天モバイル公式ページへ

 

楽天モバイル・スーパーホーダイのまとめ

楽天モバイル

スーパーホーダイは実際どんな感じなのかをまとめました