IP電話とは

IP電話

 

要チェック対象者

 

固定電話宛や050番号宛の通話が多い方 。

 

メイン使用とは別で使える番号が持ちたい方。

 

1台のスマホで運用したい方。

 

データ通信専用SIM使用だけど、電話も使用したい方。

 

メリット

 

通話料金が大きく下げられる。

 

同アプリや050(一部プロバイダは除く)宛の電話であれば、無料通話が可能。

 

留守番電話などのサービスが使用できるものが多い。

 

1台のスマホでメイン使用とは別の電話番号が持つことが可能。

 

データ通信専用SIMでも電話ができる。

 

デメリット・注意点

 

アプリによっては月々の基本料金がかかる。

 

インターネット回線使用のため、混雑状況などによって通話品質がバラつくことがある。回線メンテなどでインターネット接続ができない場合は通話ができない。

 

110番、119番の緊急通話、3桁番号サービス、0990などの一部の番号には発信することができない。

 

 

IP電話は電話回線通話とは異なり、インターネット回線を利用した電話です。

 

110番や119番などの緊急通報や一部発信できない番号もありますが、同じIP電話の050 番号宛では無料となったり(一部のプロバイダは除く)、アプリによっては固定電話宛の通話の場合に 1.3円/30秒 など非常に低価格での通話が可能で、通話料金を大きく下げられるのがメリットです。

 

ただ、電話回線通話(専用線)ではなくインターネット通信での通話(共用回線)となるため、回線の混雑状況やその時の通信速度などが「音の遅延」や「途切れ」などの通話品質に影響を及ぼします。

 

インターネット通信利用となるためデータ通信量も消費されます。

 

<データ通信消費量に関して>

 

特に小容量のデータ通信プラン契約の方はデータ通信量は気になるところですが、例えば050plusの目安としては 通話中は約250KB /1分間 の消費、待ち受け中は約150KB/24時間となっており、1 時間通話したとしても 15MB、1ヶ月の待ち受けで4.5MBの消費程度なので、まず問題になるレベルではありません。

 

LaLa Callも目安が約277KB/1分間で050plusと同程度で、Smartalkの場合は自分で色々カスタマイズが可能ということもありますが、WiFi高速通信で使用の場合960KB/1分間とデータ消費量が多くなる傾向となっています。

 

また、これは逆にインターネット回線を使用していることによるメリットですが、音声通話契約をしていなくても、データ通信さえできれば電話ができます。

 

よってデータ通信専用SIMでも使用可能で、通話が多少不安定な時があってもOKであれば

 

【データ通信専用SIM】+【IP電話】

 

で組み合わせれば、極限までコストを削減したスマホが誕生します。

 

さらに言うと、インターネット通信できれば必ずしもデバイスがスマホである必要もありません。音声を拾えるマイクがあればタブレット等でも使用が可能というのもIP電話の特徴です。

 

その他のメリットとして、同じスマホ端末でメイン使用番号(090〜、080〜)とは別の番号が持てるということが挙げられます。プライベートと仕事で電話番号を使い分けたい場合や、メイン番号ではかけにくい相手にはサブのIP電話番号で電話をかけるという使い方も可能です。

 

「格安電話」ツールとして使われているものにはIP電話を利用したものも多く、

 

LINEが提供する、ユーザー同士で使える「無料通話」

 

格安電話の「LINE Out」

 

NifMoが提供する「NifMoでんわ」

 

等が一例として挙げられます。


IP電話の使用感・通話品質など

管理人はLINEユーザー相手には「無料通話」の通話、店の予約などの固定電話向けで050plusを利用する、等の使い方が多いです。

 

通信環境としては

 

最大通信速度14Mbps の>HSPA通信規格(端末はiPhone 4s)

 

最大通信速度150MbpsのLTE通信規格(端末はLG G2 mini)

 

で使用経験があります。

 

通話品質

 

HSPA通信の場合は、音の途切れがこちら側でもかけた相手側でもあることが多いです。

 

ダウンロードとアップロードの通信速度では大抵アップロードの速度の方が遅くなるという差のためか、アップロード側の問題(こちらの音が相手に届きにくい)が多い印象です。
 
一方、LTE通信では通話品質はかなり向上します。

 

それでも携帯電話の場合、たまに音の途切れやかすれがありますが、固定電話との通話の場合は電話回線通話と全く変わらない感覚で話せることが多いです。時には電話回線で通話するよりクリアな音では?と思うこともあります。

 

音の遅延に関してはどちらでもほとんど感じたことはないですが、特に携帯電話同士の通話の場合、時にハウリングのような残響音があります。

 

使用にあたってはやはりLTE通信やWiFi接続など、速度が安定していて速いに越したことはありません。

 

IP電話は相手の回線状況によっても通話品質が左右されるため、その意味でも安定している固定電宛の通話が多い方に特におすすめできるツールです。

 

使い勝手

 

専用アプリが端末本体の電話帳とリンクするので、発信の使い勝手は通常の電話アプリと変わりません。

 

着信も同様です。050 plusに関してはプッシュ通知に対応していなかったためアプリを常に起動していないと着信できなくバッテリー消費の懸念がありましたが、2015年4月からプッシュ通知に対応し、その問題も解消されています。

 

<050 plus 電話帳画面>

スマホ用IP電話アプリ比較

スマホ用のアプリとしては

 

050plus

 

LaLa Call

 

Smartalk

 

があり、基本料金や通話料金が異なり下表のようになります。

 

050plusなどIP電話比較

  <2015年2月更新>
  ※詳細は各ホームーページにて要確認。

 

ちなみにMVNOとの併用という意味では

 

050 plus・・・OCNモバイルONEとのセットで基本料金無料・または割引

 

LaLa Call・・・mineoユーザーは基本料金無料

 

という割引サービスがあります。

 

価格について見ていくと、Smartalkの場合、基本料金が無料ですが固定電話宛の通話料金が高めなので固定電話宛の通話ツールとして考えた場合にはそのメリットが薄れます。

 

固定電話宛という視点で料金だけで比較した場合、

 

月々約20分以上固定電話への発信がある場合・・・050plus

 

それ以下の場合・・・Smartalk

 

がそれぞれメリットが出ることになります。LaLa Callは料金的には050plusとSmartalkの中間、といった位置付けです。

 

通話品質に関しては色々な情報がありますが、アプリ毎でスマホ端末やOS等との相性もあるので、これが明確に最も良い!というのはなく、その他の条件で選んでしまえば良いと思います。

 

IP電話は初期契約費用がかかりません。

 

さらにSmartalkであれば基本料金\0ですし、050plusも基本料金2ヶ月間無料となっており(※)、最低利用期間もないので1ヶ月程度使用して気に入らなければその時点で解約することも可能です。

 

LaLa Callも時期によってはキャンペーンを展開しているので、気になる方はチェックしてみましょう!

 

<その他の通話料金節約関連参考ページ>

 

【電話回線通話と同じ音声品質で通話料金を下げたい方】

 

⇒「プレフィックス電話

 

【キャリア宛の通話時間がとにかく長いので、その料金をなんとかしたい方】

 

⇒「ガラケーを別で1台契約