リブモ(LIBMO)でYouTubeは快適?どれくらいの時間見られる?

LIBMOyoutube

 

ドコモやソフトバンク、auなどのキャリアよりもオトクにスマホが使える格安SIMサービスのリブモ。

 

ただ、キャリアで今使えているアプリが、ちゃんとリブモでも使えるのか?というのが気になるところです。

 

この記事では利用者数の多い人気の動画アプリ、YouTubeをピックアップ。

 

果たしてリブモでもYouTubeは快適に使えるのか?また、どれくらいの時間見られるのか?を実際使って検証、まとめてみます。

 

リブモの契約を検討している方は、参考にしてみてください!


リブモでYouTubeは見られるの?

まず、「そもそもリブモでもYouTubeのアプリは使えるの?」と根本的なところを不安に思う方もいるかもしれません。

 

ただ、この点については心配無用。リブモでもYouTubeは問題なく使うことができます。

 

リブモでYouTubeは快適に使える?どれくらい見られる?

 

ただ、リブモでYouTubeが快適に使えるのか?また、どれくらいの時間見られるのか?というのはまた別の問題になります。

 

というのも、YouTubeのような動画アプリは

 

途切れなく使用するのに一定値以上の速度が必要で

 

視聴時間に伴ってデータ量を多く消費

 

するからです。

 

リブモに限らず格安SIMサービスでは、基本的にキャリアよりも速度が遅くなります。なので、まず快適に見られるのか?という部分が引っ掛かります。

 

そして次に、どれくらい見られるのか?データ量の問題。

 

もっともこれはキャリアだろうと、高速データ通信量が少ないプランで契約すると見られる時間が少なくなるので、格安SIMに限った話ではありませんが・・。

 

なにはともあれ、リブモでYouTubeを「途切れなく快適に」「どれくらい使えるのか?」という疑問を解決するには、YouTube使用における「速度」と「データ消費量」の検証が必要になってくるということです。

YouTubeを見るのに必要な速度は?

ではまず、リブモでYouTubeを「途切れなく快適に使えるのかどうか」という部分の検証をしてみます。

 

途切れなく快適に使えるかどうか?は、「リブモで出る速度」が「YouTubeを見るために必要な速度」を上回っているかどうか?にかかっています。

 

なので、まずは「YouTubeを見るために必要な速度」がどれくらいなのか?を知る必要がありますが、当サイトでそのあたりの調査をしてみました。

 

結果から、解像度(画質)別の必要速度の目安は下記のようになります。数値が大きいほど高画質です。

 

144p :0.24Mbps

 

240p :0.37Mbps

 

360p :0.54Mbps

 

480p :0.91Mbps

 

720p :1.64Mbps

 

1080p :2.81Mbps

 

144pなら0.24Mbps(240Kbps)、1080pなら2.81Mbpsが必要ということに。

 

目安として、3Mbpsの速度が出ていれば高画質だとしてもYouTubeが快適に見られるということがわかります。

リブモでYouTube視聴時に実際出る速度を実測

「YouTubeを見るために必要な速度」の目安がわかったところで、次にリブモでYouTubeアプリを使用時に、実際に速度がどれくらい出ているのか?調査してみました。

調査方法

測定方法

YouTubeにて解像度1080pの高画質に設定した動画を1分間再生。「通信速度モニター」アプリにて、その時に出ている速度の実測値を読み取る。

 

測定場所

愛知県内。都心部ではないので、携帯電話から基地局までの通信の影響は受けづらい環境(格安SIM本来の実力値を測りやすい環境)での計測になっています。

 

測定機種

Huawei P9 lite

 

測定した時間帯

平日の

 

@10時
A12時30分
B18時

 

ちなみに、スマホの通信で回線が混雑するのはどの時間帯か?大まかな目安が下表になります。

 

<通信回線が混雑してる時間の目安>

通信速度混雑時間帯

 

今回、リブモのYouTube通信速度は

 

@<平日10時>回線が空いていて、快適に通信できる時間

 

A<平日12時30分>回線が非常に混んでいて、速度がかなり遅くなる時間

 

B<平日18時>回線が混んでいて、速度が遅くなりがちな時間

 

の3つの時間帯でそれぞれ実測をしてみました。

 

<測定結果>

libmo youtube 1804

 

測定結果から、リブモではどの時間帯においても、高画質なYouTubeを見るのに充分な速度が出ていました。

 

リブモでは混雑している時間はスピードテスト計測値や他のアプリの速度は遅くなることもありますが、ことYouTubeに関しては、実際に使ってみても常時良好な速度で快適に見られます。

 

利用者数が多いためかはわかりませんが、YouTubeには他社格安SIMでも同じように、実際使うと速い良好な速度が出ているところはいくつか確認されています。

リブモではYouTubeを快適に見られる◎

YouTube利用時に限らず、通信速度は「ユーザ―数」と「格安SIMで確保している回線量」のバランスで変化しやすい項目です。

 

特にサービス開始直後でユーザー数が少ない等の場合、速度が速めに出ることもよくあります。なので今後も定期的に実測値の確認はしていく予定です。

 

ただ、リブモに関しては現時点で既にサービス開始直後というわけでなく1年以上の実績がありますし、今後も同じような傾向で推移していくことが予想されます。

 

リブモはYouTubeが快適に見られる格安SIMと言えるでしょう。

YouTubeを見るのに消費するデータ量はどれくらい?

リブモではYouTubeが快適に見られるというのがわかったところで、次にリブモで契約するプランにて「どれくらいの時間YouTubeが見られるのか?」を検証してみます。

 

と、ここでもリブモで云々・・の前に、そもそもYouTubeを見るとどれくらいのデータ量を消費するのか?を知らなくてはいけません。

 

この点も当サイトで調査を実施していて、結果としては下記のようになります。

 

<Youtubeで1分間に消費するデータ通信量>

144p :2MB

 

240p :3MB

 

360p :4MB

 

480p :7MB

 

720p :12MB

 

1080p :21MB

 

調査方法や詳細が気になる方は、先ほどと同じリンク先を参考にしてみてください。

 

結果から、目安としてスマホにて標準的な画質(解像度360p)でYouTubeを見ると、1分あたり4MBデータ量を消費する・・ということになります。

<プラン別>リブモで1日何時間YouTubeを見られるの?

YouTubeを見るとどれくらいのデータ量を消費するのか?

 

画質別の目安がわかったところで、次にリブモが提供しているプランで、どれくらいの時間YouTubeを見られるのか?まとめてみます。

 

結果としては下表のようになります。

 

libmoyoutube容量表

 

例えば解像度360pのYouTube動画を見る場合、月3GBプランなら1日25分間YouTubeを見ることができる計算です。

 

ただ、これは高速データ通信量の全てをYouTube視聴で消費した場合。

 

ネットサーフィンやメール、LINEなどでスマホを使えばYouTube以外にもデータ量は消費するので実際には上表より見られる時間は少なくなります。

 

スマホを使い方によってどれくらい?というのは人によって変わってしまいますが、ネットサーフィンやLINEなどはYouTubeほどデータ消費量は多くありません。

 

目安としては、上表の6〜7割の時間で考えるのがいいでしょう。

<まとめ>リブモでYouTubeは快適?どれくらいの時間見られるの?

LIBMOyoutubeまとめ

 

リブモは1日を通してYouTubeを快適に見ることができる格安SIM!ということがわかりました。見られる時間は契約するプランによりますが、幅広い選択肢から選ぶことができます。

 

20GB、30GBという大容量のプランもラインナップしているので、YouTubeを沢山見たい方にもリブモはオススメです。

 

LIBMO公式ページへ