※ お得なキャンペーン情報 ※

LINEモバイルが、3ヶ月間も月300円から利用できる超お得なキャンペーンを実施中です。



この冬、どの格安SIMよりもお得なキャンペーンです。※1/31まで

LINEモバイル公式ページ


リブモ(LIBMO)6つのデメリット。契約前に要チェックな注意点まとめ

libmoデメリット

 

キャンペーンを積極的に行っていて、料金が安く魅力的な格安SIMサービス「LIBMO(リブモ)」。

 

ですが、そんなリブモにもやっぱりデメリットだってあります。

 

乗り換え前は何かと不安が多い格安SIM。リブモも契約するにあたって、「本当に大丈夫なの?」・・とちょっと心配ですよね。

 

この記事ではリブモの

 

ドコモやau、ソフトバンクのいわゆる3大キャリアと比較したデメリット

 

他の格安SIMと比較したデメリット

 

をまとめてみます。

 

乗り換え前に、本当にリブモで大丈夫かな・・と不安な方は参考にしてみてください。


キャリアと比較したLIBMOのデメリット

libmoデメリットキャリア比較

 

まずは、ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアと比較して、リブモに乗り換えるとどんなデメリットがあるのか?をまとめてみます

@キャリアメールが使えなくなる

キャリアメールは、「・・・@docomo.ne.jp」や「・・・@softbank.ne.jp」等、キャリアが提供するメールサービス。

 

携帯電話ユーザーには馴染みのあるメールですが、格安SIMでは基本的に使用できません。

 

リブモも例外ではなく、乗り換え後もメールを使うには他のメールサービスに登録したりする必要があります。

A通信速度が遅くなる

データ通信の快適性に影響する「通信速度」。リブモの通信速度は、キャリアと比べると遅くなってしまいます。

 

なぜか?というのはここでは詳しく説明しませんが、簡単に言うと「ドコモから回線を借りて運用してるから」と理解してもらえればOKです。

 

ただ、遅くはなりますが、出る速度が自分の使い方に見合っているか?が肝心なところです。

B支払いはクレジットカードのみ

リブモは口座振替の対応がありません。支払いはクレジットカードのみになります。

 

なので、リブモに申し込みたくてクレジットカードが手元にない場合、まずはクレジットカードを作る必要があります。

C対応窓口が少ない

キャリアと比較すると、リブモを対面で販売する窓口は大幅に少なくなります。

 

TOKAIコミュニケーションズは静岡に拠点を置く企業ということもあり、県内にいくつか窓口はありますが、他県ではほとんど実店舗の展開がありません。

 

なので、なにかあった時に対面で対応サービスを受ける・・ということは難しい。対面のサービスがないと安心できない!という方には、ネックになるかもしれません。

【キャリアと比較したLIBMOのデメリット】まとめ

 

@キャリアメールが使えない

 

A通信速度が遅くなる

 

B支払いがクレジットカードのみ

 

C対面で対応してくれる窓口が少ない

 

上記のように、キャリアと比較したリブモのデメリットは大きく4つあると言えるでしょう。

 

「B支払いがクレジットカードのみ」を除くと、実際使いだして問題になりそうなのは3点。

 

その中で、「@キャリアメール」は、後ほど紹介しますが、SMSとLINEがあれば、そこまで心配する必要ありません。

 

また、「C対面で対応してくれる窓口が少ない」は、まず使い始めの設定が心配かもしれませんが、「初期設定が素人には難しすぎてできない・・!」というようなことはないので大丈夫です。

 

それに、もしそれでも心配なら、有料ですが「安心訪問サポート」サービスが用意されていて利用することができます。

 

使い始めた後に関しても、電話やチャットで不明点は随時確認することができますし、そもそも対面じゃないと解決できないような問題が発生する確率はとても低いです。

 

なので、一番ネックになるのは「A通信速度」かもしれません。これは料金が安くなる分、どうしてもキャリアよりは落ちてしまう仕方のない部分です。

 

ただ、ネットサーフィンやメール、LINE程度の使い方ならほとんどストレスを感じることはありません。ある程度の速度が必要な動画アプリやテザリングなども、平日昼や夕方の最混雑時間帯を除けば快適に使えることが多くなっています。


LIBMOでもキャリアと変わらずできること

libmoキャリア

 

次に、リブモに乗り換えて、「これできるのかな?」・・とちょっと不安になると思われるものをいくつかピックアップしてご紹介しておきます。

SMS(ショートメッセージサービス)

リブモでは、上記の通りでキャリアメールは使えませんが、SMSは使うことができます。

 

SMSってなに?キャリアメールと何が違うの?と疑問に思われる方もいるかもしれません。

 

普段意識することはあまりありませんが、2つの違いを簡単にまとめると下記のようになります。

 

キャリアメール

メールアドレスで送受信するメッセージ。文字数制限はないけど、サービスによって送受信できる容量に制限はあり。写真や動画なども添付してやり取りすることができる。

 

SMS

電話番号で送信するメッセージ。1回の送信で文字数は全角70文字程度に制限される。写真の添付などは不可。

 

リブモに乗り換えると、ドコモやau、ソフトバンクのメールアドレスが持てなくなるのでキャリアメールは使うことができません。

 

が、「SMS機能付きSIM」もしくは「音声通話付SIM」ならSMSは変わらず使うことができます。

 

SMSは上記の通りで機能的にはキャリアメールよりもだいぶ劣りますが、「電話番号を持っている相手なら誰にでも送ることができる」というのがSMSの大きなメリットです。

LINE

リブモに乗り換えても、キャリアの時と変わらずLINEは問題なく使うことができます。

 

ただ、乗り換えると一つだけLINEで使えなくなる機能があります。それは、「友だち検索機能」です。

 

友だち検索機能は、IDや電話番号からLINEをやっている友だちを検索し、LINEに追加登録できる機能。

 

この機能にはLINEの「年齢認証」が必要ですが、格安SIMでは「LINEモバイル」を除いてはこの年齢認証ができなくなっています。

 

なのでリブモでも「友だち検索機能」は使うことはできません。

 

ただ、この機能はないと不便な場面もありますが、常に使うものではありません。「友だち自動追加」など、代替方法がいくつかありますので過度な心配はいりません。

SMSとLINEがあれば、キャリアメールが無くても困ることは少ない

上記の通り、リブモに乗り換えた場合、キャリアメールが使えなくなりますがSMSとLINEは使うことができます。

 

特にLINEは使いやすいメッセージアプリで最近はユーザー数も非常に多く、普段はLINEメインでメッセージのやり取りをしている方もかなりいます。

 

なのでLINEユーザーにとっては、既にキャリアメールはほぼ不要になっている・・という方が大多数。リブモに乗り換え後も、LINEで連絡をとればOK。

 

また、連絡相手がLINEが使えない人だったとしても、SMSで電話番号を通じて最低限のメッセージ連絡もすることが可能です。

 

このようにSMSとLINEが使えるので、リブモに乗り換えても、メッセージのやり取りに関して過度の心配はいりません。

 

ただ、メールに関しては、全くない・・!というのはやっぱり不便ですし、そもそもリブモの申込にも連絡のとれるメールアドレスが必要です。

 

なので、無料で使えるメールアドレスをゲットして使いましょう。

テザリング

テザリングとは、スマホをルーターにしてパソコンなどの他の機器をインターネットにつなぐこと。
リブモでもテザリングは使うことができます。追加の料金などはかかりません。

 

ただ、組み合わせる端末によってはテザリングの機能が制限される場合が稀にあります。

 

ホームページにてテザリング可能かどうか?端末別のテスト結果が出てますので、事前に組み合わせる機種で使えるか?確認するようにしましょう。


キャリアと比較したLIBMOのメリット

libmoキャリアと比較メリット

 

ここまで「ドコモやauと比べた時のリブモのデメリット」についてまとめてきましたが、今一度リブモのメリットはなんだったか?おさらいしておきましょう。

料金が安い

リブモに乗り換えることによる最大のメリットは、なんといっても料金が安くなることです。

 

乗り換えすれば2年間で7万円以上、「ちょっと贅沢な一泊家族旅行にいけちゃうくらい」の節約をすることができます。

契約に縛られる期間が短い

リブモでは、キャリアのようにずっと契約に縛られることがない!・・というのも大きなメリットです。

 

違約金がかかるのは1年だけ

 

キャリアでは2年毎に自動的に更新・・と契約に縛られてしまいますが、リブモに乗り換えれば電話番号付きでも解約時の違約金がかかる期間は1年間だけ・・と身軽になれます。

 

なので、もし契約してみて気に入らない場合や、サービス対応が当初より悪くなってきた・・という場合の乗り換えも気軽にすることができます。

 

また、リブモは現在キャンペーンを積極的に実施していて、1年間各種料金が割引されるものが多くなっています。そして上記の通りで1年経過すれば違約金はかかりません。

 

なので、1年間はキャンペーンを使って最大限に安く利用、割引期間が終わったら解約する・・というのも極端な話、一つの手。もちろん気に入ればその後も使い続けるればOKです。

 

データ専用SIMなら、違約金がかかる期間は無し

 

電話番号がつかないデータ専用SIMの場合、契約後に解約したとしても、違約金が発生する期間は全くありません。

 

また、データ専用SIMは電話番号付SIMと比べてさらに安く使うことができます。

 

まずはデータ専用SIMをお試しで使用してデータ通信の使用感を確認、使用感に満足できたら電話番号付きに本格的に乗り換え・・という方法もアリですね。

プランがシンプルでわかりやすい

キャリアは割引形態が複雑で分かりづらく、さらに契約の縛りの期間が色々あってプランが非常に複雑でわかりにくい!

 

一方、リブモのプランはシンプルでとてもわかりやすくなっています。

 

自分がどんなプランで何にどれだけお金を使っているのか?把握しやすく、今後他のサービスを検討する時にも比較検討がしやすいのは大きなメリットと言えます。

【キャリアと比較したLIBMOのメリット】まとめ

 

料金が安い!ちょっと贅沢な一泊家族旅行に行けるくらい節約できる

 

契約に縛られる期間が短い◎

 

プランがシンプルでわかりやすい

格安SIM他社と比較したLIBMOのデメリット

libmoと格安SIM他社比較のデメリット

 

キャリアとの比較については納得できたとして・・

 

次に「果たして格安SIMはリブモで本当にいいのか?」という部分の心配。つまり、他の格安SIMと比較した時のリブモのデメリットが気になりますよね。

 

他社と比べてリブモが劣っているのはどんな部分か?まとめてみます。

専用のアプリがない

リブモでは通信量表示や、マイページにすぐアクセスできる専用アプリの準備がありません。

 

他社では専用アプリを準備しているところが大多数なので、この点でリブモは劣っていると言えます。

高速-低速の切替機能がない

格安SIMによっては

 

通信データ量が消費されて、最大速度に制限がない高速通信モード

 

通信データ量が消費されないけど、速度が200Kbpsくらいに遅く制限される低速通信モード

 

を自分の好きなタイミングで使い分けられるところがあります。

 

この機能があると、例えば速度があまり必要ないLINEやTwitter、軽いネット検索は低速モードで使って高速通信データ量を動画アプリ等のために貯めておく・・というような使い方ができます。

 

リブモにはこの機能がないので、上記のような使い分けはできなくなっています。

 

【格安SIM他社と比較したLIBMOのデメリット】まとめ

 

D専用のアプリがない

 

E高速-低速の切替機能がない

 

格安SIM他社と比較したリブモのデメリットは、上記のようにデータ通信に関するものがあげられます。

 

ただ、あまり大きなデメリットではありません。

 

なぜか?というと、よほどマメな人でない限り、DEのアプリ、機能を使う機会が多くはないからです。

 

D専用のアプリはありませんが、サイトのマイページから通信量の確認はできますし、そうそう頻繁に見るものでもないのでアプリがなくてもそこまで不便ではありません。

 

また、E高速−低速の切替もできるに越したことはありませんが、他社でも実際使っていると、だんだん切り替えるのが面倒になってきたりします。

 

上記のアプリ・機能がリブモには無いのは確かですが、そこまで気にしなくても大丈夫です◎


他社格安SIMと比較したLIBMOのメリット

libmoと格安SIM他社比較のメリット

 

次に、他社と比べたリブモのメリットは何なのか?まとめてみます。

基本料金設定が安め

リブモは他社と比べると、若干ですが基本料金が安い部類に入ります。

 

節約が主目的の格安SIM乗り換えで、少しでも価格が安いというのはアピールポイントと言えます。

夫婦や家族で回線シェアの料金が安い

リブモでは最大3枚のSIMで一つの回線のデータをシェアすることができます。

 

このシェアサービス自体は他社でも提供しているところがありますが、リブモはシェアして使う時の価格設定が他社と比較しても安めになっています。

 

また、他社のシェアプランの場合は純粋な回線シェアではなく、余ったデータ分を翌月にメンバー内でシェア可能・・とちょっと変わった形態のところもあります。

 

これだとシェアするメリットが減少してしまいますが、リブモの場合は純粋な回線シェアができます。

 

なので、回線データ量を無駄なく使うことができ、シェアプランを最大限生かすことができるというメリットもあります。

何回でもかけ放題!の通話定額が安い

リブモでは「お電話応援プログラム」という、通話定額オプションの料金が一年間ずっと550円割引されるキャンペーンを実施中!

 

「10分以内なら何回でもかけ放題」を月々300円という、すごく安価な料金で使うことができます。

 

さらにこの「お電話応援プログラム」は上記のシェアプランの場合でも、シェアしている全ての回線に適用が可能です。

 

キャンペーンを例えば家族3人でシェアしている回線に適用すれば、年間で2万円近くもオトクになる計算に。通話定額の申込を検討している場合、リブモは要チェックな格安SIMになります。

 

【格安SIM他社と比較したLIBMOのメリット】まとめ

 

基本料金設定が安い

 

夫婦や家族で回線シェアの料金が安い

 

何回でもかけ放題!の通話定額が安い

LIBMOのメリット・デメリットまとめ

リブモは上記のように、デメリットもいくつかあります。

 

ただ、キャリアと比較すると料金が大幅に安くなることを思えば、充分許容できるものが多くなっています。

 

今ならオトクなキャンペーンも実施中。気になる方は公式HPも参考にしてみてください。

 

LIBMO公式ページへ

※ リブモのキャンペーン ※

リブモは今、6ヶ月間・月々580円から使えるキャンペーンを実施中です。

 

 

申込み期限は12月20日まで。激安価格で使えるチャンスです。

 

LIBMO公式ページへ