Huawei P10 lite実機レビュー!比較 vs P9 lite

Huawei P10 lite実機レビュー!比較 vs P9 lite

Huawei p10 lite実機レビュー!比較 vs P9 lite

P10レビュー

 

2017年6月9日にHuaweiから発売された「P10」シリーズ。その中でも価格が最も安く3万円を切る「P10 lite」は要チェック!

 

なぜかというと、前機種の「P9 lite」はコストの割にスペックがとっても優秀なスマホとして高いシェアを獲得。「2016年に最も売れたSIMフリー端末」と言われるくらい出来が良かったからです。

 

当記事では、その流れを受け継いで、さらにパワーアップした機種の「P10 lite」を実機を使ってレポートしてみます。

 

実際使ってみて感じたのは、前機種の「P9 lite」と比べてみると、パワーアップはしてるけど、特筆すべきところはそこまで多くないのかな?ということ。ただ、これは上記の通りで「P9 lite」が価格の割に非常に完成度が高いスマホだったということを差し引いて考えなくてはいけません。

 

相変わらずスペックが凄いのに安い!コスパ抜群のスマホだな〜というのは間違いありません。新規でSIMフリー端末を探している方にはオススメです。

 

「P10 lite」の特徴を、「P9 lite」との比較という形にてレポートを実施していきます。

 

<P10 lite & P9 lite スペック比較表>

P10スペック

  • 価格はMVNO「楽天モバイル」でのキャンペーン販売価格。(変更となっている場合があるので、詳細はホームページご確認ください)
  • スペック値は「Huawei」ホームページより抜粋

<サイズ・外観レビュー>Huawei P10 lite 比較 vs P9 lite

P10P9lite外観

 

@外観

 

上の写真は「P10 liteのミッドナイトブラック」と、「P9 liteのブラック」の比較。

 

「P10 lite」の黒色は2.5D曲面ガラスによる反射素材。「nova lite」の感じに近いですね。

 

「P10 lite」ではその他のカラーとして、サファイアブルー、パールホワイト、プラチナゴールド、サクラピンク(UQ mobile限定色)の全5色が展開されています。

 

反射素材になったことの他、側面がメタルフレームで覆われたというのはありますが、あとは外観に関してはカメラレンズの縁取りが丸に変更になったくらい。特に「P9 lite」から目新しく変化したことはありません。

 

Aサイズ

 

スクリーンサイズに関しては、「P10 lite」も「P9 lite」と同じく約5.2インチの設定。

 

サイズとしても3方向共、ほぼ「P9 lite」と同じです。

 

P10liteP9liteサイズ厚み 

 

ちなみにHuaweiではスマホ製品自体にプラスチックの保護ケースがついてくるものが多く、P10 liteもしっかりついてきます◎

 

 

 

 


<CPU性能レビュー・ベンチマーク>Huawei P10 lite 比較 vs P9 lite

 

P10 liteではOSにAndroid7.0、CPUはHuawei Kirinの採用。「P9 lite」と同系仕様ですが、どちらも最新のものにパワーアップされています。

 

ベンチマークテストのスコア結果はP10 liteの方が数値が高くなっていますが、大きな差ではないですね。実際、一通りの機能を使ってみても使用感やスマホがどれくらいサクサク動くか?については大きな差が無いように感じます。

 

P10ベンチマークテスト 

 

その他のスペック値として、処理速度や同時に動かせるアプリの数などに影響するRAMは3GBと「P9 lite」よりパワーアップ。

 

写真データや動画データなどをどれだけ本体に保管できるか?示す数値のROMに関しては「P10」は32GBと「P9 lite」の倍の容量が確保されています。

 

<カメラ性能レビュー>Huawei P10 lite 比較 vs P9 lite

 

カメラ性能は基本スペック値としては下記の通りです。

 

<メインカメラ>1200万画素、F値2.2
<インカメラ>800万画素、F値2.0

 

「P10 lite」のカメラ性能は「P9 lite」のカメラとほぼ変わらない・・というか単純に上記のスペック値だけ見るとメインカメラの画素数、F値が少し後退すらしてるようにも見えますが、レンズやオートフォーカス機能の進化などで全体としては良化しているようです。

 

ただ、実際撮影して比較をした限りでは両者の性能の違いはほぼ無いように感じられます。

 

夜に撮影したライトと植栽、花の写真。

 

P10カメラ写真 

 

ん〜・・違いがほとんどわからない(笑)。「P10 lite」の方がわずかながらコントラストがはっきりしているようにも感じます。

 

P10カメラ写真 

 

室内で撮った花の写真。

 

こちらも差はほとんどありません。フォーカスの仕方の問題かもしれませんが、画面左側の花の輪郭は「P9 lite」の方がハッキリしています。

 

元々「P9 lite」でもカメラ画質はかなりキレイでしたので、そこから同じ価格で劇的な進化というのは難しいのかもしれません。

 

今後もう少し別のシチュエーションの写真も撮ってアップしていく予定です。

<電池・バッテリー性能レビュー>Huawei P10 lite 比較 vs P9 lite

 

バッテリー性能は、数値的には3,000mAhで「P10 lite」も「P9 lite」も同じ。

 

ただ、一つ大きな違いとして「P10 lite」は急速充電に対応しています

 

Huaweiでは「nova」にも採用されている急速充電は、充電し忘れた時などに高速でチャージができるありがたい機能です。ちなみに「nova」では電池が無い状態から約1時間30分という短時間で100%まで充電が完了します

 

「P10 lite」も計測してみたところ、1時間45分で100%まで充電完了しました。一般的なスマホの半分くらいの時間で完了しますので、ついつい充電し忘れてしまう忙しい方にはピッタリなスマホです。

<通信速度性能・対応周波数レビュー>Huawei P10 lite 比較 vs P9 lite

 

最大通信速度はLTE通信時に下り(ダウンロード)262.5Mbps、上り(アップロード)は50Mbpsとなっています。

 

MVNOで使うにしてもキャリアで使うにしても充分な最大速度が確保されています。

 

また、「P10 lite」はP10シリーズの中で唯一au回線にも対応と公式発表されています。「UQ mobile」など、au回線利用のMVNOを検討している方にはありがたいですね◎

 

「P9 lite」もスペックほぼ同じの「P9 lite premium」ならau回線に対応していますが、「P10 lite」は1台で両回線に対応!というのは大きなポイントです。

 

ドコモ回線でもau回線でも使えるので、将来的にキャリアやMVNOを乗り換えたくなっても安心ですね◎

 

<センサーなどその他の機能レビュー>Huawei P10 lite 比較 vs P9 lite

 

「P10 lite」は高感度指紋センサーの他、「P9 lite」にはないジャイロセンサーも搭載しています。

 

「ジャイロセンサー」の有無がどのような時に影響あるか?というと、例えば「ポケモンGO」のプレイ時です。

 

センサー搭載されていない「P9 lite」ではポケモンをゲットする時に現実空間の投影ができませんが、「P10 lite」ならそのあたりが可能。「ポケモンGO」もフルにプレイすることができます◎

 

端末比較P10lite ポケモンGO 

 

 

<まとめ>Huawei P10 lite 比較 vs P9 lite

P10lite P9lite比較

 

「P10 lite」の各機能を「P9 lite」との比較にて、実機で使った感想を含めて紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

前シリーズの「P9 lite」と比較すると、「劇的に進化!」というわけではありません。今「P9 lite」を持っている方にとっては買い替えるメリットはそこまでないかな〜という印象です。

 

ただ、冒頭でも述べたように、「P10 lite」はコスパの良いSIMフリースマホを新しく探している方には間違いなくオススメできますので検討の価値アリですよ!

 

格安SIMでどれくらいスマホ代は安くなる?参考ページ

ドコモ格安SIM料金比較

格安SIMでスマホは最大22万安くなる!ドコモ最安料金と18ケース別比較

 

格安SIMの速度比較&オススメ参考ページ

MVNO速度タイトル

MVNO・格安SIMの通信速度実測&プラン別オススメ比較特集!

 

格安SIMのデメリット・評判 参考ページ

格安SIMデメリット評判タイトル

MVNOのデメリット・評判は?26の口コミが語る格安SIMの現実

 


このエントリーをはてなブックマークに追加      

オススメ・キャンペーン中の格安SIM!



<価格重視>オトクに格安SIMを始めたい方へ!
後発ながら、今注目の格安SIMサービス。オトクなキャンペーンを積極的に実施中!

「音声通話付SIM向けキャンペーン」に加え、全てのプランに適用される「公式より安い限定キャンペーン」も・・!?安い格安SIMがさらに年間¥10,000以上オトクに◎

LIBMO



「多彩なキャンペーンでオトク度倍増!」


料金
業界シェア
通信速度
プランのシンプルさ、縛りの無さ

2017年2月始動の新しい格安SIMサービス。通信大手の提供で、オトクなキャンペーンを多数実施中!
基本サービスが充実してるのに加え、速度も比較的良好◎
公式よりさらに安くなる割引キャンペーンも!


3GBプラン

データ通信のみ:¥880/月
音声通話付:¥1,580/月〜


格安SIMにベストマッチなデータ容量、3GBプラン。限定キャンペーンの適用で、データ専用SIMでも¥5,000近く、音声通話付なら¥10,000以上の割引に◎


キャンペーンサイトを見てみる >>


ポイント&速度・評判などまとめ >>


<安心感重視>初めての格安SIMが不安なら!
初めての格安SIMが不安・・何を選べば良いかわからない・・という貴方にオススメ!

業界シェア、速度、機能、全てのレベルが高く、サポートもユーザー目線に立っていて良心的♪安心して使えます!

mineo



「初MVNOが不安な方へ!!」


料金
業界シェア
通信速度
プランのシンプルさ、縛りの無さ

ドコモ & au回線でサービス提供、幅広い方が使える格安SIM。
「通信機能・サービス」が充実。解約手数料無料サービスや、何でも聞けるユーザーコミュニティサイトなど、格安SIMが初めてでも安心感◎


3GBプラン

データ通信のみ:¥900/月
音声通話付:¥1,510/月〜


格安SIMの一番人気プラン!mineoなら「フリータンク機能」で少し使いすぎた月でも安心!もしプラン変更したくなった場合、契約後いつでもできるのも◎


公式サイトを見てみる >>


ポイントまとめ・速度実測データ集 >>


<性能重視>通信速度にこだわって快適に使いたい!
格安SIMの中でも、なるべくドコモやauのサービスに近いものを選びたい!という貴方に。速度の安定感・快適性、通話定額のバリエーションはMVNOトップクラス!

端末セットのコミコミプランがオトク度高く、オススメです◎

UQ mobile


「いつでもサクサク使えて価格も満足!な充実の端末セットプラン」


料金
業界シェア
通信速度
プランのシンプルさ、縛りの無さ

au子会社が提供するMVNO!
キャリアは高すぎるけど、格安SIMは安すぎて不安・・という方にも最適◎
データの通信速度が速く快適♪通話定額のラインナップも充実してます。


おしゃべり・ぴったりプラン


「通話定額パック」「高速データ通信」セットプラン:¥1,980/月〜


端末とセット購入だとオトク度高い◎家族で利用ならさらに¥500の割引も♪


公式サイトを見てみる >>


評判まとめ・速度実測データ集 >>




このエントリーをはてなブックマークに追加      

格安SIM検討中の方へのオススメ記事!!

格安SIMの速度比較&プラン別おすすめ!参考ページ

MVNO速度タイトル

MVNO・格安SIMの通信速度実測&プラン別おすすめ比較!


格安SIMの疑問・不安解消記事特集

AbemaTVタイトル

AbemaTVに必要な通信速度&データ消費量は?格安SIM用まとめ!

MVNOのデメリット・評判は?26の口コミが語る格安SIMの現実

youtube

実測調査!Youtube動画の必要通信速度&データ消費量はどれくらい?

格安SIM不安

格安SIM通話定額のオススメ比較!最安で品質よく使えるのはどこ?


おすすめ格安SIM情報




楽天モバイル

無制限で「使える」速度!楽天モバイルスーパーホーダイ通信速度実測まとめ

libmo

通常+限定キャンペーンでオトクに使える◎LIBMO紹介&まとめ

uqmobile

速度安定感No.1!!UQモバイル通信速度実測&評判

mineo

初MVNOにも安心感大!mineo通信速度実測まとめ



リブモ限定キャンペーン