キャリアメールとは?

キャリアメールとwebメール

 

キャリアメールとは、「・・・@docomo.ne.jp」「・・・@softbank.ne.jp」といったアドレスで使用する、携帯電話キャリアが提供するメールサービスのことです。ガラケー時代から広く浸透している、皆におなじみのメールです。

 

しかし、MVNO・格安SIMでは技術的な問題やコスト面の問題から、キャリアのようにメールサービスを提供している所は少なくなっています。

 

(※)一部MVNOではメールサービス・メールアドレスを提供している所もありますが、キャリアメールというよりはWebメールに近いと考えてもらった方が良いです。

 

「音声通話付きプラン」や「SMS機能付きプラン」ならSMSを使用できる他、最近はLINEという非常に優れたメッセージアプリが登場して出番は減ってきているものの、メールが全く使えないというのはやはり不安感がありますよね。

 

なので、格安SIMへの乗り換えを検討するなら、キャリアメールの代替策があった方が安心です◎

 

どうやって代替するのか?というと、「Webメール」を使用することになります。


Webメールとは?

Webメールには

 

Googleが提供する「Gmail」

 

Yahooが提供する「Yahoo!メール」

 

MicroSoftが提供する「Outlook.com」

 

等があり、各社が無料で提供するメールサービスのため「フリーメール」と呼ばれることもあります。

 

インターネットに接続してWebメールサイトやアプリからアドレスとパスワードを入力して設定すれば誰でも簡単に利用することができるのが大きな特徴です。

キャリアメールとWebメールの違い

メールの送受信などの基本的な機能に関しては、キャリアメールでもWebメールでも同じです。

 

ですが、下記のような細かい仕様の違いがあります。

 

キャリアメールとwebメール比較表

(※)一般的な違いであり、各メールの設定・仕様などにより当てはまらないものもあります。

@ メール保管場所の違い

最近ではドコモの「ドコモメール>」やソフトバンクの「S!メールどこでもアクセス」など、オプションでメールをWebサーバー上に残せるものも出ていますが、キャリアメールではユーザーの携帯電話端末本体にしかメールは残らないのが基本です。

 

一方、Webメールではメールは全て「インターネットアクセス可能なサーバー上」にあり、それを携帯電話端末から読み込む格好となります。

 

この違いによるWebメールのメリット・デメリットとして下記事項があります。

 

<メリット>

自分の携帯端末からではなく、他機器からでもメールの送受信が可能。携帯端末をなくした場合や手元にない場合でも、他にパソコン等のインターネットアクセスできる機器があれば、メール送受信が可能

 

<デメリット>

自分以外もアクセス可能なサーバー上にメールが保管されることになるので、パスワード等のセキュリティ対策は気をつける必要がある

 

携帯端末本体にもメールを残す設定(同期)にしていないと、インターネット接続ができない環境下では新着メールは勿論、既に送受信したメールも読むことができない

 

Webメールではパソコンからもメールが送受信できるなど融通性が増す分、逆に赤の他人でもアドレスとパスワードがわかればアクセスすることができてしまいます。

 

そういった意味で、Webメールではセキュリティ等の対策に気をつけることが必要だと言えます。

 

また、Webメールでは基本的にはメールはWeb上にあって自分の携帯端末には残りません。インターネット接続できる環境なら問題ありませんが、電波が届かない場所に行ったりすると送受信済みのメールだとしても全く見れなくなったりすることがあります。

 

自分の携帯端末にもメールを残すには「同期」という設定をしないといけない、というのは注意しましょう。(Webメールによっては同期不可のものも有)

A 受信のタイミングの違い

キャリアメールはプッシュ受信と呼ばれるメール受信方式。メールが届けば自動的にユーザーに知らせてくれる仕組み(リアルタイム受信)になっています。

 

一方、Webメールは必ずしもそうでなく、中にはプッシュ受信ができないものもあります。

 

キャリアメール同様の使い方をするのであれば、プッシュ受信可能なメールソフトを選定する必要があります。

 

【備考】
Webメールでプッシュ受信設定をするとバッテリー消耗が速くなる?という噂がありますが、実際に運用していて気になったことはありません。

 

感覚的な話になってしまいますが、キャリアメール使用時の消耗と同じレベルですので参考までに。

B 絵文字

キャリアメール間では規格が統合されたこともあり、絵文字が表示されないということは少なかったですが、Webメールではメールソフトによって相性があります。

 

絵文字なんて必要ない、という方も中にはいると思いますが、キャリアメールの代替という意味ではWebメールにおいても絵文字化けをできるだけしないメールソフトを選定したいところです。

C表示形式

キャリアメールではメールボックス内のメールは携帯に登録してあるアドレス帳とリンクしており、アドレス帳の名前でメールも表示されるのが一般です。

 

しかし、Webメールでは必ずしもそうではなく、送受信したメールがフォルダにてメールアドレスで表示されるものもあります。

 

<参考>Gmail表示形式

gmailメール表示 

 

特にキャリアメールに慣れている方だと、名前表示されないと見づらく使いづらくもなるため、表示形式がどんな形かも気をつける必要があります。

キャリアメールとWebメール。その他のメリット・デメリット等

また、仕様の違いによるもの以外の「Webメールへ移行」の場合のメリット、デメリットやポイントとして、下記のようなこともありますのでご注意を。

 

Dメインの使用メールをWebメールに移行してしまえば、今後どのキャリア、MVNOに変更するにしてもいちいちメールアドレスを変える必要がなくなる。(同じメールアドレスで運用できる)

 

これは、格安SIMのメリットの一つ、「解約時の違約金など、ペナルティが少ない」ともリンクしたWebメール使用の場合の大きなメリットです。

 

キャリアメールメインで使用する場合、

 

「メールアドレスが変わってしまうのは、いちいち友達への変更連絡するのが煩わしい・・」

 

という理由で携帯電話会社を他へ乗り換えるのをためらう場合があります。

 

しかし、Webメールメインに移行してしまえば

 

契約している携帯会社によらず、同じメールアドレスを継続して使用可能

 

インターネット通信環境があればメールの送受信ができる

 

なので、メールアドレスに縛られることなく通信会社・プラン選定をすることが可能になります。

 

Dメリットがあるので、キャリアユーザーであってもWebメールメインに移行している方も沢山います。

 

E送信したWebメールが相手に届かないケースがある(送信先の相手がキャリアメール使用者で、Webメールアドレスを一括で迷惑メールと認識する設定にしている場合)

 

特にガラケーのユーザーに多いのですが、キャリアメールで迷惑メールの対策強度を高めに設定している場合に、Webメールは全て迷惑メールと認識して受信しない設定としていることがあります。

 

これに関してはWebメールを使用している限りこちら側の設定などではどうにもならず、相手に設定解除をお願いするしかありません・・

 

え〜、これはなかなか困るね〜・・
たしかにね。

 

ただ、個人的な経験談だけど、Eに該当したのは、電話帳に登録している人全体の5%くらいだったよ。

 

全員が全員そういう訳ではないというのと、設定解除をお願いできないような相手の場合はSMSやLINEにて連絡をとったりもできるからね。

 

気をつける点としては、上記のようなことがあるというのを予め認識しておく必要があるのと

 

メールアドレス変更の連絡は、切り替え前にキャリアメールのアドレスから送信する

 

ということです。

 

Webメールに切替後では、その変更連絡すら相手に届かなく、変更したことを認識してもらえなくなってしまう可能性があります。

 

Fキャリアメールでないと登録できないサービスや連絡網などがある?

 

これには「?」をつけましたが、サービスによっては当てはまる可能性があります。

 

絶対数は多くないですが、一部ポイントサイトではキャリアメールアドレスでないと登録できなかったりするものがあります。

 

登録できないとかって他にも何かあるの?
例えば「子供の学校の連絡網」や「金融機関の連絡先登録」で、キャリアメールアドレス登録を推奨している所もあるね。

 

推奨しているだけで、Webメールで登録はできる場合が多いけど。

まとめ

キャリアメールとWebメールでは色々と違いがありますが、無くなっても大きな問題はありません。

 

また、近年ではメールの代わりにLINEでのやり取りが増えていますので、今後もキャリアメールの必要性は薄れていくでしょう。