※ お得なキャンペーン情報 ※

マイネオが、6ヶ月間も月333円から利用できる超お得なキャンペーンを実施中です。



この夏、どの格安SIMよりもお得なキャンペーンだと思います。

マイネオ公式ページへ

+メッセージの登場で格安SIMが今後さらに便利に!?最新動向まとめ

+メッセージ&格安SIM

 

2018年4月10日、ドコモ、au、softbankのキャリア3社が新サービスの「+メッセージ」を5月9日から開始することを発表しました。

 

「+メッセージ」は、電話番号を通じてチャット形式のメッセージや画像データの送受信ができるという新サービス。

 

まだ暫定的な情報も多い+メッセージですが、今後普及して格安SIMにも導入が進んでいけば、格安SIMの弱点が補完されて、さらに使いやすくなる可能性を秘めています。

 

なぜ+メッセージの普及が格安SIMに対しても有益なのか?また、格安SIMへの適用情報などをこの記事ではまとめてみます。


【格安SIMの弱点】キャリアメールが使えない

格安SIMをキャリアと比較した時の弱点として、キャリアメールが使えなくなるというのがあります。

 

キャリアメールはドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアが提供しているメールです。

 

この3社のどれかで契約していれば「・・@docomo.ne.jp、・・@softbank.ne.jp」といったアドレスが割り当てられてメッセージの送受信をすることができます。

 

携帯電話の普及に伴って爆発的に広まった、皆に馴染みのあるメールサービスが「キャリメール」になります。

格安SIMではキャリアメールが使えない

格安SIMに乗り換えてキャリアから離れると、このキャリアメールは使えなくなってしまいます。

 

とはいうものの、それでたちまちに困る・・というわけではありません。

 

Gmailなど、無料で使えるフリーメールサービスに登録すれば、機能的にはキャリアメールとほぼ変わりなく使えます。

 

また、格安SIMではダウンロード数が5億を超えていて普及率がとっても高く皆が使っている「LINE」アプリも使えます。

 

フリーメールとLINEがあれば、メッセージの送受信に関しては、ほぼ問題なくやり取りすることができます。

キャリアメールが使えなくなって困ること

上記の通り、フリーメールとLINEでほぼ問題なくやり取りはできるものの、キャリアメールがないとどうしてもメッセージのやり取りに困ってしまうケースがたまにあります。

 

それは、送信先の相手が

 

使っているメールの迷惑フィルター強度を高めに設定していて
なおかつLINEを使えない

 

場合。

 

フリーメールは、迷惑メールのフィルター強度を高めに設定されると、自動的に迷惑メールと認識されて届かないケースがままあります。

 

なので相手が迷惑フィルター強度を高めに設定していると、こちらのフリーメールから相手に送っても弾かれてメールが届かなくなってしまいます。

 

相手がLINEを使える人ならLINEで連絡を取れば良いですが、使えない場合、LINEでもメールでも連絡がとれない・・という事態が発生する可能性があります。

格安SIMメッセージツールの最後の砦、SMS

上記のような事態に陥った場合で、電話じゃなくてメッセージで連絡をとりたい・・!

 

そんな時の最後のメッセージ連絡手段は、SMS(ショートメッセージサービス)を使う方法になります。

 

SMSは電話回線でやり取りするメッセージで、メールアドレスがなくても電話番号さえ持っていれば送受信することが可能。

 

なので電話ができる相手であれば、誰とでも送受信することができます。

 

実際にはSMSでも受信拒否設定はできますが、SMSに関してはその設定をしている人は非常に少ないです。

 

なんだ、じゃあSMSがあればなんとかなるんじゃん?
いや、でもSMSはメッセージツールとしてはかなり機能が制限されてしまうんだよ。

SMSは機能上の制限が多く、使いづらい

SMSは誰とでも送受信ができるというのは大きなメリットですが、一方で下記のような弱点があります。

 

1回の送信で全角70文字までしか送れない
送れるのはテキストデータのみ。写真などの画像データは送れない
1回の送信ごとに3円が課金される

 

SMSは元々ガラケー全盛の時に作られたメッセージ送信システム。

 

なので、キャリアメールのように長文テキストの送受信は想定されてなく、また画像データの添付をすることができません。

 

また、パケットデータ通信には含まれないので、送信するごとに別枠でいちいち3円かかってしまうというのも難点です。

 

特に@はなかなか厳しく、同じ会社どうしの携帯であればもっと文字数送れるケースもありますが、他社宛の送信だと送れる文字数が全角70文字以内に確実に制限されてしまいます。

 

全角70文字以内・・では少しこみいった内容のメッセージやり取りだと簡単に文字数オーバーしてしまいます。

 

その場合はメッセージをブツ切りにして、数回に分けて送信する・・というような方法をとらなくてはいけませんでした。

 

SMSではどうしても使いづらい側面があった・・ことは否めません。ただ、「+メッセージ」の登場でそのあたりが今後大きく改善される可能性が高まっています。

+メッセージはSMSの進化・機能拡張版!

今回新しくリリースされる+メッセージは、SMSを大幅に進化させたアプリになります。

 

具体的には

 

電話番号があれば送受信可能
長文テキスト、画像データの送受信可能
LINEのようなチャット画面対応。グループトークやアプリからの音声通話、スタンプ送受信機能もあり
データパケット通信になるので、別枠で送受信料金はかからない

 

「電話番号があれば送受信可能」というSMSの優れた特長は生かしたまま、機能は大きく進化してLINE並みのことができる!・・というのが「+メッセージ」の最大の利点と言えるでしょう。

+メッセージで格安SIMの弱点がさらに補える

優れた特長をもつ+メッセージが今後普及していけば、ことメッセージの送受信に関しては、先に紹介した格安SIMの弱点がさらに補えることになります。

 

なぜかというと、+メッセージは

 

@電話番号を知っている人なら誰にでも送受信可能
A機能的にもキャリアメールやLINEでできることと同等、もしくはそれ以上のことができる

 

からです。

 

@に関しては実際には自分・相手方共にアプリのインストールが前提ですが、今後普及が進めばどの端末にも標準的に入るアプリになっていくと予想されます。

 

また、ガラケーではアプリがインストールできなく使えませんので、相手がガラケー利用している場合は+メッセージの機能はフルには使えません。

 

ただ、それ以外でキャリアメールをブロックしている相手には今後「+メッセージ」でメッセージのやり取りをすることができます。

 

機能的にもキャリアメールとLINEと比べて遜色ないので、格安SIM乗り換え後のメッセージ送受信を今まで以上に気兼ね無く楽しむことができます。

まとめ

現状+メッセージはキャリア3社でのみ利用可能と発表されています。

 

しかし、格安SIMでの+メッセージへの対応も、今後進んでいくと予想されます。

 

まだ展開には時間がかかりそうですが、mineoは導入の意向で、LIBMOも市場動向次第では前向きに検討したい・・という情報が入っています。

追記

2018年7月9日の時点では+メッセージを使える格安SIMはありません

 

確実な情報が入り次第、ここにまた追記したいと思います。