LINEモバイルを使ってみた!詳細評価と速度まとめ

LINEモバイルはこんな格安SIM

LINEモバイルはLINEを運営する会社が提供する格安SIMです。特定のサービスがデータ通信量を消費せず使い放題になる「データフリー」をいち早く導入し、サービス開始直後から話題になりました。

 

その他にもID検索ができたり、LINEポイントが貯まったりと、LINEの格安SIMだからこそ実現できた独自のサービスが目白押しです。

LINEやSNSが使い放題

 

LINEモバイル最大のメリットが、対象のサービスがデータ通信量を一切消費せず使い放題になる「データフリー」です。

 

通常、データ通信を利用するとデータ通信量を消費します。1ヶ月に利用できるデータ通信量はプランごとに決まっており、それを超えると速度制限がかかります。

 

しかし、LINEモバイルのデータフリーなら対象のサービスをどれだけ使ってもデータ通信量にカウントされません。データ通信量が消費されず、使い放題というわけですね。

 

データフリーの対象となるサービスはプランごとに以下のように決まっています。

  • LINEフリープラン:LINE
  • コミュニケーションフリープラン:LINE、Twitter、Instagram、Facebook
  • MUSIC+プラン:LINE、Twitter、Instagram、Facebook、LINE MUSIC

例えばコミュニケーションフリープランの場合、LINEと人気のSNSについてはどれだけ使ってもデータ通信量を消費しません。

 

LINEのビデオ通話やSNSでの動画再生など、本来ならデータ通信量に気を配らないといけないサービスも思う存分使うことができます。

 

しかもデータフリー対象のサービスについては、データ通信量を使い切って速度制限がかかったあとでも高速通信が利用できます。低速になってもLINEやSNSは快適に使えるので、とくにLINEがメインの連絡手段という人でも安心ですね。

LINEのID検索が可能

 

LINEモバイルではLINEのID検索ができます。

 

実は一般的な格安SIMではLINEのID検索ができません。ID検索をするためには年齢認証をしないといけませんが、年齢認証は大手キャリアのシステムを経由します。

 

大手キャリアの回線を借りているだけの格安SIMでは年齢認証ができないので、結果的にID検索もできないわけです。

 

しかし、LINEモバイルは専用の年齢認証方式が用意されており、格安SIMでありながら年齢認証ができます。年齢認証ができるので、当然ID検索も利用可能です。

 

数ある格安SIMの中でもID検索ができるのはLINEモバイルだけです。

 

もちろん、ID検索以外にも友だちを追加する方法はあります。しかし、ID検索がもっともオーソドックスで簡単な方法であり、使えないとやはり不便です。

 

どうしても格安SIMでID検索を使いたい場合は、LINEモバイル一択でしょう。

ドコモ回線とソフトバンク回線に対応

LINEモバイルはドコモ回線とソフトバンク回線の2つの回線に対応しています。

 

サービス開始時はドコモ回線だけでしたが、2018年にソフトバンクの子会社になったことがきっかけでソフトバンク回線の取り扱いも始まりました。

 

ソフトバンク回線の格安SIMは種類が少ないので、ソフトバンクの端末そのままで格安SIMに乗り換えたい人にとっては貴重ですね。

 

しかも月額料金やデータフリーの対象などはドコモ回線・ソフトバンク回線ともに共通です。

 

基本的にソフトバンク回線の格安SIMはドコモ回線/au回線と比べると月額料金が高いので、LINEモバイルのように月額料金がドコモ回線と同じなのは珍しいです。

LINEアプリからデータ通信量の確認や問い合わせができる

 

LINEモバイルには専用アプリは用意されていません。

 

代わりにLINEモバイルのアカウントと自分のLINEアカウントを連携することで、LINEアプリから

  • データ通信量の確認
  • マイページへアクセス
  • いつでもヘルプ(チャットによる問い合わせ)
  • データプレゼント(データ通信量を他のユーザーにプレゼントできる)

といったことができるようになります。LINEアプリを専用アプリのように使うことができるわけですね。

 

普段使っているLINEアプリから各種手続きができるので、初めて使う人でも迷わず操作することができます。

 

また、わざわざ専用アプリをダウンロードしなくてもLINEアプリさえあればいいので、スマホの容量を圧迫しなくて済むのもメリットです。

 

LINEアカウントとの連携は必須ではありません。しかし、データ通信量をワンタッチで確認できるのは楽ですし、いつでもヘルプはトークを利用して気軽に問い合わせできて反応も速いです。

 

どの機能も便利なのでLINEモバイルを利用するならなるべくLINEアカウントと連携するのがおすすめです。

LINEポイントが貯まる&使える

LINEモバイルを契約すると、毎月の利用料1%分のLINEポイントが貯まります。例えばLINEフリープランの音声通話SIMの場合は1,200円×1%=12ポイントが毎月もらえます。

 

貯まったポイントはLINEのスタンプ購入などに使えるほか、LINEモバイルの月額料金支払いに充てることも可能です。

 

LINEポイントはこのほかにも、

  • LINEのスマホ決済サービス「LINE Pay」による料金支払い
  • 「LINEショッピング」を経由した買い物
  • ポイントが貯まる各種キャンペーン

などでも貯まります。普段からLINEポイントが貯まるように意識して、貯まったポイントでLINEモバイルの料金を支払うようにすれば、そのままでもお得なLINEモバイルがさらにお得になりますね。

LINE Payカードによる支払いが可能

LINEモバイルはLINEのプリペイドカード「LINE Payカード」による支払いが可能です。

 

一般的な格安SIMはクレジットカードにしか対応していません。ところがクレジットカードを持つには審査に通らないといけないので、クレジットカードを持てない人も多いです。そのような人だと、格安SIMも使えません。

 

それに対して、LINE Payカードは先にお金をチャージしておく「プリペイドカード」なので、審査不要で誰でも作れます。クレジットカードを持てない人でもLINE Payカードを作れば、LINEモバイルが利用可能なわけですね。

 

実際にLINE PayカードでLINEモバイルの料金を支払ってみました。

 

 

事前に利用料金以上の残高をチャージする必要がありますが、それ以外は通常のクレジットカード払いと同じです。しかもLINE Payカードで料金を払えばLINEポイントも貯まるのでお得です。

 

ちなみにLINE Payカードは事前に設定した金額を下回ると自動でチャージする「オートチャージ」も使えます。銀行口座からオートチャージすれば残高不足を防げますし、あたかも口座振替のように支払うことも可能です。

LINEモバイルを実際に使ってみた感想

 

ここまでLINEモバイルの特徴やメリットなどをまとめました。でも、格安SIMというのは実際に使ってみないと分からない点も多いです。

 

そこで、筆者が実際にLINEモバイル(ドコモ回線)のコミュニケーションフリープラン3GBを契約して使ってみました。

LINEとSNSがメインなのでスマホ代がかなり安くなった

やはりLINEモバイルを使ってみて最もうれしいのがデータフリーですね。

 

筆者は自宅だとWi-Fiを使ってゲームや動画視聴を行いますが、外出先では基本的にLINEとSNSしか使いません。

 

ただ、電話代わりにLINEで頻繁に音声通話をしていましたし、TwitterやInstagramは暇さえあれば覗いていました。そのため、毎月LINEとSNSだけで7〜8GB前後のデータ通信量を消費していました。

 

しかし、LINEモバイルにしてからはデータフリーによってLINEとSNSはどれだけ使ってもデータ通信量を消費しません。そのため、3GBプランでもかなり余裕があります。

 

他社だと最低でも10GBのプラン(3,000円前後)にする必要がありましたが、LINEモバイルなら1,690円の3GBプランで済みます。データフリーのおかげで、実質他社の半額程度で使えるわけですね。

 

仮にデータ通信量をすべて使い切ってしまっても、データフリーの対象であるLINEとSNSは高速通信が使えます。この2つがメインの筆者にとっては実質使い放題プランのようなものです。

 

普段3GBのプランだとデータ通信量を使いすぎていないか頻繁に確認するのですが、LINEモバイルではほとんど確認しなくなりました。

 

容量の少ないプランでもデータ通信量を気にせずスマホが使えるので、少し大げさかもしれませんが精神的にとても楽ですね。

データフリーはテザリングでも有効

 

LINEモバイルも他の格安SIM同様にテザリングが無料で利用できます。しかも、LINEやSNSが使い放題になるデータフリーはテザリング中も有効です。

 

LINEモバイルでテザリングを行い、そこに接続したパソコンやタブレットでデータフリー対象サービスを使う場合も、データ通信量を一切消費しなくなるわけです。

 

画面の大きいパソコンからSNSをチェックしたり、別の端末でLINE MUSICの音楽を再生したり、といったことができます。

 

実際に筆者もLINEモバイルでテザリングを行い、そこにiPadを接続してTwitterを使ってみましたが、データ通信量は消費されませんでした。複数の端末でSNSを使う人におすすめです。

ドコモ回線は平日お昼になるとかなり遅い

LINEモバイルを使っていて少し不満に思ったのがお昼の通信速度です。

 

一般的な格安SIMは回線が混雑する平日お昼や夕方になると速度が低下する傾向にあります。LINEモバイルのドコモ回線も例外ではなく、平日お昼になると通信速度が極端に遅くなります。

 

実際に平日お昼の通信速度をGoogleのインターネット速度テストを利用して測定してみました。

 

 

下り速度は1Mbpsを大きく下回り、速度制限後の低速通信とほぼ同じ速度しかでていません。

 

この速度だと動画やアプリのダウンロードはまず利用できません。ブラウジングやSNSなど、比較的軽い用途であればギリギリ利用できるといったところでしょう。

 

ただ、SNSでも画像や動画が中心のInstagramは読み込みに時間がかかりますし、Twitterでも画像の表示や動画の再生を行おうとするとストレスが溜まります。

 

せっかくデータフリーでLINEとSNSが使い放題なのに、通信速度が遅くて快適に使えないのが残念ですね。

 

なお、ソフトバンク回線はドコモ回線と比べると速度が速く安定しており、平日お昼でも快適に使えます。通信速度を重視する場合はソフトバンク回線も検討してみてください。

お昼以外の時間帯は快適に使える

平日お昼は速度が低下するLINEモバイルですが、逆に朝や夜などお昼以外の時間帯であれば快適に使えました。

 

 

朝や夜は30〜50Mbps前後の速度が出ており、動画視聴やアプリのダウンロードもスムーズに行えました。もちろんデータフリー対象であるTwitterやInstagramなどもストレスなく利用可能です。

 

お昼以外の時間帯にスマホをよく使う人ならLINEモバイルでも全く問題ないでしょう。

速度切り替えができないのが不便

速度関連でもう1つ不便に感じたのが「速度切り替えができないこと」です。

 

速度切り替えとは、任意のタイミングで高速モードと低速モードを切り替える機能です。低速モードにすると最大通信速度が遅く(一般的には200kbps)なりますが、データ通信量を消費しなくなるというメリットがあります。

 

軽い用途であれば低速モードでも十分利用できるので、うまく高速と低速を切り替えることでデータ通信量を賢く節約できます。

 

しかし、LINEモバイルでは速度切り替えができません。低速モードでよく使われるLINEやSNSが使い放題なので、低速モードはなくてもいいという判断なのでしょう。

 

確かにLINEやSNSであればわざわざ低速モードにする必要はないです。しかしブラウジングや音楽ストリーミング(Apple Music)などをよく使う筆者としては速度切り替えが欲しかったところです。

支払い金額について

■ 年間コスト

まず、コミュニケーションフリープランの3GBで契約した場合の年間コスト(最低限かかる料金)を計算してみます。

  • 初期費用・・・3,400円
  • 基本料金・・・月1,690円

合計・・・23,680円
税込みで25,574円となります。

ただし、音声通話やオプションなどを考慮して月3,000円で計算すると、初期費用込みで年間で大体40,000円ぐらいかなと思います。

 

それでも大手キャリアに月8,000円ぐらい支払っている場合と比べると、一ヶ月で5,000円、1年で6万円、2年で12万円ぐらい浮くことになります。

 

※ 端末とセットで購入した場合はここまで安くはなりません

■ 他社との価格比較

同じ3GBの価格を他の主要なMVNOと比較してみたのがこちらの表です。

LINEモバイルは若干高いですが、大差はありません。

 

また、主要各社はよくキャンペーンをやっていますので、基本料金を比較してもあまり意味はありません。

 

価格にこだわる方は、各社のキャンペーンをチェックしてみることをおすすめします。

 

キャンペーンまとめ

現在格安SIM各社が実施中のキャンペーンをまとめました。

詳細を見てみる

まとめ

 

最後に、LINEモバイルを実際に使ったレビューをまとめます。

  • LINEやSNSがメインのユーザーなら速度制限を心配することなく使える
  • テザリング中もデータフリーが適用される
  • お昼の通信速度は遅い
  • 朝や夜など、お昼以外は比較的速度が速く快適
  • 速度切り替えがないのは人によっては不便

やはりLINEモバイルはLINEやSNSが使い放題なのが大きいですね。データフリー対象のサービスをメインで使うなら速度制限を気にせず使えますし、他社よりデータ通信量が少ないプランに変更できるので大幅に月額料金を節約できます。

 

一方、他の格安SIMと同じく平日お昼は通信速度が遅いのがデメリットです。いくらデータフリーでデータ通信量を消費しないとは言え、速度が遅くて快適に使えないのでは意味がないですね。

 

高速と低速の切り替えができないのもデメリットでしょう。速度面にこだわりのある人は要注意です。

 

LINEモバイル公式ページへ