※ お得なキャンペーン情報 ※

マイネオが、6ヶ月間も月333円から利用できる超お得なキャンペーンを実施中です。



この夏、どの格安SIMよりもお得なキャンペーンだと思います。

マイネオ公式ページへ

ソフトバンクと提携でパワーアップ!?LINEモバイル

LINEモバイル通信速度特徴

 

「LINEモバイル」ってLINEアプリのサービスを提供してる会社の格安SIMなんだよね〜?

 

有名だから気にはなるけど、実際どんな感じ?

うん、「LINEモバイル」は母体が大きいから安心感も高いし、格安SIM事業にも積極的だよ!
それに、上手く使いこなせば格安SIMのデメリットを色々とカバーできる、優秀なアプリなのがLINE。

 

「LINEモバイル」はそのLINEをフル活用できるMVNOだし、「すごい安いプラン」や「SNSのデータ通信量がカウントフリーで使い放題になるプラン」も提供してる◎

 

さらにソフトバンクと提携して、今後の動向も要チェックな格安SIMだね!

気になる・・!詳しく教えて!
じゃあ「LINEモバイル」ってどんなMVNOなのか?ってとこから説明していくね。

LINEモバイルってどんな格安SIM?特徴まとめ

「LINEモバイル」は2016年9月から参入したMVNOで、コミュニケーションツール大手LINE(株)の子会社がサービス提供しています。元回線はドコモです。

特定のSNSが使い放題なプランを提供!

「LINEモバイル」は月ごとで通信データ量制限があるプランの提供。高速データ通信量は1、3、5、7、10GBから選択可能になっています。

 

上記だと、特に特筆すべき点はありませんが、どれも「特定のSNSアプリが使い放題」になっていて、大きく2つに分かれています。

 

1GBプラン

⇒ 「LINEフリープラン」 LINEアプリでのデータ通信が高速で使い放題

 

3〜10GBプラン

⇒ 「コミュニケーションフリープラン」 LINEの他、twitter、Instagram等のSNSツールが高速で使い放題

他社との価格比較

「LINEモバイル」と、格安SIM主要他社との価格比較一覧(容量別)です。

 

ドコモ主要各社価格比較一覧

  • 2018年2月時点の当サイト調査結果より。価格は変更となっている場合があります。
  • 価格はすべて音声通話付プラン。

 

価格としては全体的にすごく安い!というわけではありませんが、他社と比べても大差はありません。

SNSヘビーユーザーには設定価格以上のオトク感◎

上記の通り、「LINEモバイル」ではプランによって

 

LINE

 

Twitter

 

facebook

 

Instagram

 

のデータ通信が高速データ通信の消費量としてカウントされないというサービスを提供しています。

 

なので、SNSでのデータ通信量が使い方の大半を占める場合、それを見越して1ランク下のプランで契約にすれば、通常より節約することができちゃいます◎

 

えっ、どういうこと?
例えば月に使う通信量が合計5GBとして、そのうちSNSの通信量が2GBを占めるとするよね?

 

その場合、5GBじゃなくて3GBの契約プランでOKですよ!ってこと。

なるほど〜!通信容量が少ないプランにできれば月々500円くらい安くできるもんね♪

通信量管理画面

下の写真は「LINEモバイル」の通信量管理画面になります。

 

LINEモバイルアプリ画面

 

専用アプリとしての提供ではありませんが、LINEのアプリ内からすぐにアクセス可能なので、使い勝手は悪くありません。画面表示はシンプルですが、見やすいつくりになっています。

LINEモバイルの評判・口コミは?

LINEモバイルを実際使っている方に聞いた、評判・口コミ集です!

 

SNSの使用頻度が高い、若い世代の声が多くなっています。速度に対する満足度も高いようです◎

 

(注)掲載している口コミは個人の感想・体験談になります。機能や性能を保証するものではない旨、ご承知ください。

 

<20代男性からの評判・口コミ>

LINEヘビーユーザーの私にはピッタリの格安SIMです!

 

月々の通信料を節約したいと思い、格安SIMに乗り換えました。

 

LINEモバイルを選んだのは、私のメインの連絡手段である「LINE」の通信データ量が消費カウントされないことが一番大きい理由です。

 

LINEメッセージのやりとり自体はさほど通信量は多くありませんが、画像、動画のやり取り、通話などは割と通信量が多くなりがちです。そういった時でも、通信量を消費せずにやり取りできることに魅力を感じたのです。

 

契約はネットから行い、特に問題なくできました。他のMVNOではクレジットカードが必須なことが多いですが、LINEモバイルではLINE Payカードでの支払いも可能なようです。

 

データ通信は月におおよそ1GBほど使用しています。

 

動画視聴やアプリのダウンロードなど、通信量が多いものに関しては帰宅後に夜Wi-Fi環境で行い、モバイル通信ではLINE、ネットブラウジングがメインです。

 

通信速度は、たまに少し遅くなるように感じることもあります。昼の12時前後や、19時〜22時頃です。ただ、普段使いには問題ありません。

 

電話通話に関しては、LINEを介しての通話は無料で、さらに上記の通り、通信量フリーで行うことができます。

 

音声通話機能も非常時の電話などのため、保険の意味合いで契約してますが、LINEは日本で普及率が非常に高いアプリです。普段の連絡はLINE無料通話で事足りていて、極力LINEでするようにしています。

 

LINEを頻繁に利用する私にとっては非常に満足できる格安SIMと感じてます◎

 

<20代男性からの評判・口コミ>

SNSの通信量がカウントフリーなので、以前の契約の半分の容量で運用できてます◎

 

以前は色々なキャンペーン等を利用してドコモを安く利用していたのですが、海外に行くことが多く、安い契約の継続ができませんでした。SIMフリーのスマホが欲しかったのもあって格安SIMを利用しようと思いました。

 

LINEモバイルは料金、評判、プラン内容などを総合的に勘案して決めました。その中でも私はSNSの利用機会が多く、その分のデータ通信が消費カウントされないプランがあったというのは大きかったと思います。

 

データ通信は別途でWi-Fiも契約して併用してますが、スマホ通信で使用用途として多いのは、Facebook、Twitter、Instagram、ネット検索(Chrome)、Kindle、ゲーム、LINEです。

 

通勤時や帰宅後の使用がメインですが、仕事中も比較的データ通信してますね。

 

通信速度に対する満足度は高いです。以前、他社の格安SIMも使っていて、その時は人が多いところや、昼時になると遅くてイライラさせられることがかなりありましたが、LINEモバイルに変えてからはストレスを感じることはほとんどなくなりました。

 

電話はほとんど利用していませんが、スマホ同士の場合はLINEの無料通話やMessengerを利用して通話しています。LINEの無料通話ならデータ量も消費しないので最高です!

 

キャリアメールの代わりはGmail、Yahoo mail、LINE、Messenger等で代用。最近では周囲にもキャリアメールを使っている人はほとんどいないので特に不自由に感じることはありません。

 

LINEモバイルは、私のようにFacebookやTwitterなどのSNSを多く利用する人にオススメできますね。

 

月々に使用するデータ量のうち、半分程度(3〜4GB)はSNSでの利用だったので、以前は7GBのプランでも月末には速度制限にかかることがあったのですが、現在は3GBプランでも十分足りています。

 

仮に3GBに達してしまっても、カウントフリー対象のSNS(Facebook、Twitter、Instagram、LINE)は通常通り使用できるので感じるストレスはかなり軽減されます◎

 

<20代男性からの評判・口コミ>

10〜20代のSNSをよく使う人にピッタリだと思います!

 

月々1万円もかかっていた電話代を抑えるために乗り換えしました。以前から携帯料金が割高だと感じていたので、2年契約更新のタイミングで、大手キャリアを解約して新たに格安SIMを契約したのです。

 

LINEモバイルはSNSが使い放題になる「コミュニケーションフリープラン」に魅力を感じて選びました。使い放題にはTwitter、Facebook、instagramという、私が良く使うが3つのアプリが含まれています。

 

外出してスマホを使う際はSNSやLINEなどを使うことがほとんどなので、このプランならほぼデータ通信が消費されずに使える点が気に入りました。料金は他の格安SIMとほぼ同じで大差なく、通信速度も悪い評判は見つからなかったので実際に使ってみようと思いました。

 

ヨドバシカメラやビッグカメラなどの店舗でも契約できたようですが、わざわざ店舗に行かずとも契約できる点も魅力に感じていたのでネットで契約しました。

 

事前に分からない点はインターネットサイトで調べれば大体わかったので問題なく、手続きもスムーズにできました。

 

データ通信は現在5GBのプランを契約していていますが、そのうち4GB程度を毎月使っています。朝9時頃の通勤や、20時頃の帰宅時にSNSやニュースを見るのがメインです。

 

SNSのデータ通信はカウントされていないので、ニュースアプリやマップアプリでデータ通信を消費しているのだと思います。動画などデータ通信を多く使う場合は自宅のWi-Fiを使うことで容量を抑えてもいます。

 

通信速度はお昼頃に少し遅いかな?と感じることもありますが、SNSや画像を閲覧できないレベルではないので、困ったことはありません。動画は自宅でWi-Fiを利用している間にダウンロードしておくなどすれば、通信速度と通信容量の対策として使えると思い、実践しています。

 

電話は、普段の友達との会話はLINE無料通話で行っています。お店や業者とのやり取りのみ通常の電話通話を使えば、友達とどれだけ長電話してもデータ容量としてカウントされないのでとても助かっています。

 

キャリアメールはGmailで代用しています。今のところ困ったことはありません。SNSなどサービス利用の際にSMSを使うことはあるのでSMSは必須だと思いますが、メールはキャリアメールでなくても良いと思います。

 

LINEモバイルは、10〜20代など若い人には特にオススメですね。乗り換え前はスマホ本体代込みで月に約1万円だったのが、乗り換え後は月に約3千円で、7千円も節約できています。SIMフリー機本体を2年契約として換算しても月々5千円程度で、以前の半額になりました。

 

SNSやLINEをメインに使う人ならコミュニケーションプランでデータ通信を低く抑えられるのがポイントです!

 

格安SIMでは不明点がある場合、正式店舗がなくネットで調べたり電話で聞く必要がありますが、自分で調べることができる人には問題ないですしピッタリです。

LINEモバイルのメリット・デメリット、おすすめプランは?

「LINEモバイル」の最大の特徴は、何といってもLINEと連携したサービス!LINEのヘビーユーザーにとっては嬉しい機能が沢山ありますので、いくつか紹介します。

そもそもLINEってどんなアプリ?

と、その前に、LINEをまだ使ったことがない・・という方向けに、LINEはどんなアプリか?簡単に紹介しておきます。

 

今や老若男女問わず、スマホユーザーが利用するコミュニケ―ションツールとして超有名でメジャーなアプリが「LINE」です。

 

色々な機能がありますが、絵文字満載のチャット形式で手軽にメッセージのやりとりができる「トーク」機能が一番の特徴!

 

LINEトーク画面

 

メッセージアプリとして、メールとかの他アプリに比べて圧倒的に使いやすく、ダウンロード数は5億を超えています。

 

多種多様な種類がある「スタンプ」も魅力的!購入が必要なものもありますが、キャラものや芸能人など、自分のお気に入りのスタンプを使えばメッセージのやり取りがさらに面白くなります◎

 

LINEスタンプ

 

また、LINEユーザー同士ならメッセージをやりとりする「トーク」画面からワンタッチ切替して「無料で音声通話」をすることもできます。

 

IP電話なので、電波状況や環境によって音質が劣化する可能性があるものの、家族や友人同士の会話程度なら充分使えることが多く、これも人気の機能です。

LINEは格安SIMユーザーのマストアイテム!

格安SIMを使うにあたっては、「LINEをフル活用する」というのが一つ大きなポイントになります。

 

それはなぜか?上記のような「メッセージツール」「無料音声通話ツール」としてLINEを利用することで、格安SIMの

 

キャリアメールが使えない

 

音声通話の割引や無料パックがキャリアほどには充実していない

 

という弱点をカバーすることができるからです。

 

なので「LINEがあるからこそ格安SIMに乗り換えたし、キャリアと変わらない感覚で使えてる!」という方は多くいます。

 

「LINEモバイル」は、その「LINEアプリ」と連携し、機能を最大限に使えるMVNOサービス!というのが大きな特徴になっています。

LINEモバイルのメリット

他の格安SIMではできない、LINEの「年齢認証」「ID・電話番号検索」ができる!

 

LINEでは友達を連絡先に登録する時に便利な「ID検索」または「電話番号検索」という機能がありますが、それにあたっては「年齢認証」が必要になります。

 

年齢認証」機能は元々LINEが3大キャリアと協働して作ったシステムのため、キャリアで契約している場合のみ登録できるようになっています。なので、MVNO他社で契約した場合は不可能でした。

 

ですが、サービス提供元ということもあり、「LINEモバイル」では「年齢認証」および「ID検索」、「電話番号検索」が可能です。

 

上記の機能はできなくても致命的に困る、というものではありません。ただ、もう既に使っている場合、乗り換えてから使えなくなると不便・・と感じますよね。そういった方にとっては大きなメリットと言えます◎

 

LINEポイントがどんどん貯まる!

 

LINEモバイルでは毎月契約しているプランに応じてLINEポイントが貯まります。

 

LINEポイントは

 

LINEスタンプ

 

LINE MUSICクーポン

 

その他のチケット

 

やAmazonギフトカードなどと交換できる、かなり使えるポイントです。

 

LINEポイント交換

 

スマホの価格が安くなるだけでなく、このポイントもつくことでユーザーにとってはかなりオトク感が高くなっています◎

LINEモバイルのデメリット

「高速-低速の切替」機能がない

 

「LINEモバイル」では、好きな時に低速モードに切り替えて高速通信量を節約できる「高速-低速の切替機能」がありません。

 

「高速-低速切替機能」は、特に小容量プランで契約する場合にうまく使えばデータ通信量の節約ができるので、あると便利な機能ではあります。

 

ただ、他の格安SIMでも低速に切替えた場合はメールやLINEなど、快適に使える用途は限られてしまいます。

 

LINEモバイルの場合は「LINE」はカウントフリーで無制限に使えますので、無くてもそこまで困ることはないでしょう。

最安運用も!「1GB LINEフリープラン」

LINEモバイルは、「1GB LINEフリープラン」が特にオススメです。

 

LINEアプリでのデータ通信が、「無料通話」や「ビデオ通話」も含めてカウントされないのに加え、価格も最安クラスになっています。

 

<1GBプラン各社価格比較表>

MVNO格安SIM各社1GB価格比較

  • 2018年2月時点。
  • auピタットプランは「誰でも割」適用時の価格。「ビッグニュースキャンペーン」は機種変更が必要なので除外。

 

もちろん音声通話付や端末セットにも対応していて、端末は多彩なラインナップから選択することが可能です。

 

たしかに価格は安いけど・・特にオススメっていうわけは?
うん。

 

LINEモバイルならではのメリットとして、LINEの「無料通話機能」も使い放題の対象になる・・っていうのは大きなポイントだね。

へ〜・・それってそんな大きなことなの?
他の格安SIMサービスでも同じようにLINEアプリでのデータ通信がカウントされない、ってところはあるけど、LINEの「無料通話機能」は対象外だったりするんだよ。
そうなんだ〜!

 

でも無料通話ってデータ通信量消費するの?

うん、LINEの無料通話はIP電話だから使うと地味にデータ消費していくよ。

 

でも、LINEモバイルならそれを気にする必要がないってことになるね。

それはいいね〜!

 

僕は普段の電話はほとんど家族や友達とのLINE無料通話ですませちゃってるから、気兼ねなく使えるのは嬉しいな!

でしょ◎

 

ピヨシムみたいな使い方ならLINE無料通話を活用して、1GBのプランでスマホ代をすごく安くすることもできちゃうよ!

 

LINEモバイル公式ページへ