IIJmioとは

IIJmio

 

IIJmioはインターネット接続事業全般を手掛ける(株)インターネットイニシアティブによるMVNOです。

 

インターネットイニシアティブは「法人向け」のネットワーク構築やインターネット接続関連業務をメインに展開しているため、一般ユーザーへの認知度は低く、知らない方も多いかと思います。

 

しかし、実はインターネットを日本で最初に商用展開した会社で、業界では有名な企業です。官公庁や大企業のネットワーク構築で重用されているということからも、その実力が伺えます

 

格安スマホ事業には積極的で力を入れていて、

 

エンドユーザー向けにMVNOの認知度を上げるためにブログを発信

 

無料参加可能なMVNO(格安スマホ)講習会・ミーティングを定期開催

 

データ通信容量の増量など、プランの改善を他社に先駆け、毎回いち早く発表

 

ユーザビリティを上げるために、キャリア並み・あるいはキャリアにも無い通信機能・サービスを提供

 

といったことを実施しており、参入も早期でスマホMVNO業界を引っ張っていっている感じがします。

 

マーケティングに関しては、自社インターネットサイト直販の販売の他、元々エンドユーザーにはあまり知られていない存在ということもあり、家電量販店と提携しての販売や、MVNEとしての他社への回線提供を積極的に実施しています。

 

IIJmioの提供しているプランになります。

 

iijmioプラン図

 

高速通信容量月制限の、小〜 大容量のスタンダードな3G,6G ,10GBの プランを提供しています。スマホ本体のセット販売も最近では対応を行っています。

 

電話回線通話に関しては回線交換型電話アプリとしてIIJmioから提供されている「みおふぉんダイアルアプリ」を利用すれば¥10/30秒の通話料金となります。

 

また、ファミリーシェアプランで契約している相手への通話であれば¥8/30秒とさらに割り引かれます。

 

IIJmioの通信量管理アプリです。

 

IIJmioアプリ

 

特にヘビーユーザーや小容量プラン契約者の場合、どれくらいの通信量を使用しているのか?の把握は重要ですが、IIJmioのアプリはその辺りの情報が一目で見やすく管理できます。

 

特徴としては

 

IIJmioでは「高速-低速通信切替機能」に対応していますが、「高速」「低速」モードそれぞれの通信使用量がどれくらいか?把握可能

 

「複数SIMでの通信容量シェア」の場合、それぞれの回線でどれくらいの通信使用量を使用しているか?把握可能

 

といった点が挙げられ、他社の管理用アプリと比較しても見やすい造りとなっています◎


IIJmioのメリット・デメリットなど特徴

メリット

 

優れた通信機能・サービスを提供

 

MVNOではユーザビリティーを考慮した特徴的な通信機能やサービスを提供している会社があるのですが、IIJmioはそれらのサービスの多くに対応しています。

 

詳しくは「通信機能・サービス」ページにて記載していますので、気になる方は参考にしてみてください。

 

家族間通話最大30分無料!音声通話料金の割引サービス

 

IIJmioでは「みおふぉんダイアル」というアプリにより、音声通話(電話回線通話)の基本料金が\10/30秒と、通常の半額になるという割引サービスを提供しています。

 

そしてさらに、別途+830円の月額定額パックとして「IIJmioどうしの通話が最大30分以内」、「他社電話が相手でも最大5分以内」の通話なら何回でもかけ放題!というサービス提供が2016年8月より開始されました。

 

キャリアが提供している「家族間通話完全無料」サービスにはまだ及びませんが、実際の通話時間は月10分程度という方も多いため、多くのユーザーにとって魅力的な通話定額パックが提供されています◎

 

デメリット

 

低速切替時に3日間366MBの通信量利用制限有

 

上記の低速時「初速バースト転送機能」があるためか、IIJmioでは他のMVNOとは異なり、低速切替時に通信量の制限を設けています。(高速時の制限はありません)

 

制限値をもし超えてしまうと、バースト転送もきかない平均100Kbps程度という、ものすごく遅い速度となってしまいます。

 

低速時は自然と通信量も減ることになるため、まず上記の規制にかかることはありませんが、利用にあたっては留意が必要です。

IIJmioの評判・口コミは?

IIJmioを実際使っている方に聞いた、評判・口コミ集です!

 

(注)掲載している口コミは個人の感想・体験談になります。機能や性能を保証するものではない旨、ご承知ください。

 

<30代女性からの評判・口コミ>

悪くなったところは何も無し!節約できて大満足◎

 

もうすぐこどもが産まれることもあり、固定費を見直していました。

 

「格安スマホに乗り換えるべきかな・・本当はこのままiPhoneを使いたいけど」と思っていました。その時の私は、「格安スマホにする」=「Androidの携帯に機種変更する」ことだと誤解していたんです。

 

2年縛りがなくなる契約更新月となって検討を開始したところ、今使用しているドコモのiPhoneのまま格安SIMを利用することができることを知りました。電話もほとんどしませんし、データ容量も少なくていいので、これはピッタリだ!と思い、乗り換えを決意しました。

 

IIJmioはiPhoneが使えたことと、実店舗での取り扱いがあったので契約しました。

 

実店舗での乗り換えは平日だったこともあってか、不要な待ち時間もなく、とてもスムーズでした。帰宅後に自宅のWi-Fiを使用してSIMの差し替えを行いましたが、付属のマニュアルを見れば全然難しくありませんでした。

 

スマホは昼間の買い物等の外出中に、ネット検索や暇つぶしのゲーム等で使用しています。
 
格安SIMは速度が遅くなると言われますが、乗り換え後、通信速度が遅いと思ったことはありません。郊外住みで、昼休みの時間や通勤通学の時間に使用するわけでもないからかもしれませんが。

 

電話は自分からかけるのは、病院やヘアサロンの予約くらいなので、月に10分も利用していないと思います。家族と通話する際は、LINE通話を利用しています。

 

iijmioには「みおふぉんダイヤル」というサービスがあり、専用のアプリを使えば通常の通話料金の半額となるので、電話をかける際は必ず利用しています。

 

乗り換え前から、家族や友人とのメールはLINEやFacebookのMessengerへと移行していましたので、キャリアメールがなくなっても変わりありませんでした。キャリアメールで登録していたメールマガジンなどは、以前からPC用として利用していたGmailのアドレスで再登録しました。

 

私は格安SIMに乗り換えて悪かった点は何もなく、使用していて不便は感じません!手続きも簡単でした。MNPするための手数料が5千円ほどかかりましたが、毎月の利用料が三千円安くなったので、たったの2カ月で元がとれました◎

 

<20代男性からの評判・口コミ>

設定など、ある程度自分でできそうだという人にはオススメです!

 

スマホは前から利用していましたが、契約が2年毎に勝手に自動更新されていくという仕組みや、「新しくお得なプランを出しました」とアナウンスしておきながら実質値上げしている大手携帯キャリアのやり方がいい加減嫌になっていました。

 

最初はソフトバンクから他の大手携帯キャリアへのMNPを考えていたのですが、大手携帯キャリアはどこも同じような料金体系と契約プランなので、乗り換え先が大手携帯キャリアだったらあまり意味が無いように思えたのです。

 

一方で格安SIMなら契約料金も契約プランも適正だと感じましたし、契約が勝手に自動更新されることもないと知ったので乗り換えを決めました。

 

IIJmioは口コミ・評判で決めました。雑誌や専門誌の評価が高かったです。契約はインターネットでMNP手続きをしましたが、とてもスムーズにできました。

 

月のデータ通信量は約3GBで、よく使うアプリはグーグルクローム、LINE、スマートニュースです。加えて朝の時間帯は天気予報アプリ、夜の時間帯はNetflixを使うことがよくあります。

 

通信速度については乗り換え前はかなり心配していたのですが、実際に使ってみると杞憂となりました。僕が普段使っているアプリは特に問題なく使えますし、Netflixの動画再生についても概ね良好に出来ています。

 

ただ動画再生については時間帯によっては再生が何度も止まってしまうことがありますし、そもそも何本も映画を再生しているとすぐに毎月の高速データ通信量が制限に達してしまうので、自宅に居る時は基本的にモバイル通信からWi-Fi通信に切り替えて使っています。やはりWi-Fi通信に切り替えると速度も回線もより安定度が高まります。

 

月の通話時間は15分から20分といったところで、無料通話アプリを使って通話ができる人であればアプリを使い、そうでない人に対してはIIJmioから提供されている通話料が半額になる「みおふぉんダイヤル」というアプリを通して電話をかけています。

 

キャリアメールの代わりはGmailで問題無く、そもそも最近ではキャリアメールはほとんど使っていなかったので、使えなくなっても大丈夫でした。

 

少しでもスマホに関する知識があって、大手携帯キャリアの料金体系や契約の縛りなどに大きな不満を抱えている人には格安SIMはかなりオススメです。

 

一方でキャリアメールが使えなくなりますし、自分で設定や管理を行わなければいけないことも一気に増加するので、設定や管理ができないという人には難しく感じるかもしれません。

 

ですが格安SIMの初期設定はマニュアルに従えば簡単にできるので、「やってみたいけど自信がない・・」という人は思い切って使ってみることをオススメします。

 

<30代男性からの評判・口コミ>

ネット検索中心なら通信速度問題ありません!

 

格安SIMを利用しようとしたきっかけは、料金を安くしたいという単純な理由でした。今まではドコモで契約をしており、毎月の支払いが6000円を越える月がほとんどでした。

 

利用料金以外は特に不満な点はありませんでしたが、テレビなどで格安SIMの特集をやっており、自分も携帯料金を安くしたいと思い格安SIMへの移行を決心しました。

 

今まで使っていたスマホがドコモのスマホでSIMフリーではなかったため、ドコモの回線利用の格安SIMで料金の安かったIIJmioを選択しました。

 

初めはショッピングモールでキャンペーンをやっていたので話を聞いたりしていましたが、そこでは契約はできないということがわかり、インターネットを利用して自分でSIMカードの大きさやプラン、支払い方法などを選んで契約しました。

 

乗り換えは比較的スムーズにできたと思います。

 

スマホデータ通信の使用量は月に1GB程度で、毎月通信容量を余らせてしまっているくらいです。

 

自宅では主にWi-Fiに接続し、何かあったときに調べ物をする程度。外出時、日中は仕事の休憩時間にLINEやネット検索をする位。たまにGoogleMAPで道を調べたりしますが、使いすぎるといったことはありません。

 

動画を見たりゲームをする人はもっとたくさんの容量を使うのでしょうが、自分のようなライトユーザーには毎月3GBでも十分な容量となっています。

 

通信速度は、インターネットなどの評判では日中の昼休憩時間帯に低下するとよく見ます。ただ、動画をよく見る人などは影響があるかもしれませんが、ネット検索やLINEでのやり取りをする程度であれば特に気になるようなことはありません。

 

最近ではLINEなどでも無料通話が可能でそれらを利用しているので、通話料は問題ありませんでしたが、格安SIMへ移行するにあたって、一番心配していた点がキャリアメールが使えないという点でした。

 

しかしこれも最近ではGoogleを代表とする無料で作ることのできるフリーメールが多くあり、利用しています。そしてLINEなどでやり取りをしていればメールアドレスを使う機会もほとんどありません。今のところキャリアメールが使えなくて困ったということはありません。

 

現在大手三社で契約しており、なおかつ通信料が高いと感じている人に格安SIMをオススメします。

 

しかし大手三社のような対応の良さやフォローの充実度などに関してはまだまだ格安SIM会社は劣っているように感じます。それらを天秤にかけて、安さが大切だと思う人は格安SIMを検討してみても良いのではないでしょうか。

IIJmio通信速度実測

IIJmioの通信速度を実測してみました。

 

平日(火曜日)に数分〜数時間おきに実測をした結果です。

 

※スピードテストには「Ookla Speed Test.net」アプリを使用
※モードは高速切替時
※測定場所は中京圏内
※測定端末はLG G2 mini

 

IIJmio通信速度実測2015年4月

 

通信に際して利用頻度の多いダウンロード速度について見ていくと、平均すると6Mbps程度となっています。

 

一日で上がり下がりがあり、昼12時30分周辺は最混雑時間帯でどのMVNOでも速度が落ち込む時間帯なので致し方ない所はあるのですが、それ以外の朝の通勤時間帯や夜の時間帯の速度が1〜3Mbps程度しか出ておらずイマイチです。

 

メールやLINE、ネットサーフィン程度ならそう問題ありませんが、ある程度の画質で動画閲覧をしようと思うと余裕が無く辛い速度と言えるでしょう。

 

IIJmio公式ページへ