NifMoとは

NifMo

 

当サイトで実測したNifMoの速度は、MVNO全体の中だと遅くもなく速くもない・・部類です。

 

NifMoってどんなMVNO?どんなプランがあるの?

 

NifMoは老舗プロバイダのNiftyによるMVNOです。

 

スマホMVNOとしては割と後発で、2014年末より参入しています。Niftyということで知名度・ブランド力はあったものの、サービス開始当初は各プランの基本価格設定が高めでした。

 

そのため、注目度はそれほど高くなかったのですが、そんな声を反映してか基本料金値下げやデータ増量を相次いで実施し、さらに後述の独自の割引プログラムも用意していることで、他社とも競争力あるMVNOとなっています。

 

NifMoの提供しているプランになります。

 

nifmoプラン図

 

小〜 大容量の3G、5G、10GBの プランを提供しており、10 GBプランは競合他社と比較すると若干高めですが、3、5GB プランは同等です。

 

ユーザビリティに影響する通信機能・サービスとしては

 

高速通信残容量の翌月繰り越し可サービス

 

に対応しています◎使わない時はデータ通信量を貯め、多く使いたい時に使う、という風にデータ通信使用の融通が効くようになるのが有り難いですね。

 

下の画面はNifMoの通信量管理アプリです。後述の公衆WiFi接続アプリも兼ねています。

 

以前はかなり簡易な造りでしたが、更新されて直近3日間の通信量チェックも可能になり、使い勝手は以前より改善されています。

 

nifmoコネクト


NifMoのメリット・デメリットなど特徴

メリット

 

NifMoバリュープログラム活用でスマホ料金節約度↑

 

NifMoでは「バリュープログラム」という独自の割引システムを用意しています。

 

どういうものかというと、Niftyが提携している会社の

 

アプリをダウンロードしたり会員登録

 

ショッピングサイトで買い物

 

をした場合、金額に応じて通信料金から対象金額が割引される仕組みです。

 

このような割引というと、せいぜい1回当たり10円20円、多くて100円引かれる程度が関の山だろう、というのが管理人の最初の思いであまり注目していませんでした。

 

想像通り、ショッピングサイトに関しては割引率は多いところだと5%くらいのところもありますが、大抵は1〜2%程度で1万円買って100円程度と、まあ普通、お得感はありますが特筆に値する程ではありません。

 

<NifMoバリュープログラムショッピングサイト割引例>

nifmoバリュープログラム1

 

すごいと感じたのはアプリダウンロードで、割引率がかなり大きく、月額登録の有料アプリの場合1,000円以上がザラで高いものは10,000円引かれるものもあります。

 

特に元々ほしいアプリや会員登録があるのであれば、逃す手はありません。

 

<NifMoバリュープログラム有料アプリ登録・ダウンロード割引例>

nifmoバリュープログラム3

 

さらに無料アプリでもダウンロードや会員登録するだけで50円以上割り引かれるものが多く、高いものでは1,000円、本契約まで進むと3,000円引かれるものまであります。

 

アプリも怪しげなものでなく、大手の会社のものがラインナップされています。

 

<NifMoバリュープログラム有料アプリダウンロード割引例>

nifmoバリュープログラム2

 

登録に多少の手間はかかりますが、うまく使えば無料サイトに会員登録したりアプリを数個ダウンロードするだけで1,000円以上の割引を受けることが可能です。

 

一例として、中部電力「カテエネ」クラブ会員登録、USEN「U-NEXT」無料トライアルによる節約を紹介します。こんな感じのステップで割引を受けることができます。

 

@ バリュープログラム画面から「カテエネ」を選択し、サイト画面に進む。

 

nifmoバリュープログラム6

 

A 中部電力「カテエネ」サイトより情報登録。

 

nifmoバリュープログラム4

 

B A完了後、今度はバリュープログラムより「U-NEXT」を選択し、サイトへ進む。

 

nifmoバリュープログラム7

 

C 情報登録手続き。本登録を希望しないのであれば、無料登録期間の要項などを確認。

 

 

D 登録後、割引完了。バリュープログラムに割引額が表示されます。「カテエネ」に関しては登録するだけでもOKで、その後どうこうしなければいけないということもありません。「U-NEXT」は無料トライアルだけなら解約手続きの必要があります。

 

nifmoバリュープログラム9

 

ほぼ登録するだけの作業で1,290円割引ってすごいと思います。このようなアプリが複数あるので、組み合わせることによって1,000円以上の割引がそう手間なく可能です。

 

(※アプリによっては無料登録だけでなく有料登録が必要だったり、登録後数日経たないと割引されない等、条件があるものもありますので注意。)

 

公衆Wifiが無料で使用可能

 

公衆WiFiはカフェやレストランなど、街中に用意されている場所で無線LAN(インターネット)に接続できるサービスです。

 

容量が少ないプラン契約の場合、公衆WiFiを上手に活用することによってSIMカードのデータ通信容量を節約することができます。接続ポイントは限られているものの、頻繁に利用する場所が公衆WiFiで当てはまるのであれば検討の価値があるでしょう。

 

上述のNifMoコネクトという接続用アプリにてスマホ通信からWiFi接続に自動的に移行されるように設定できるので使い勝手も良好です。

 

頻繁にスポットを利用しない場合でも、例えばSIMフリー端末を新たに購入して使用し始める場合、最初に端末にアプリをまとめてダウンロードする際はかなりの通信容量を消費するため、小容量プラほど契約初月の高速通信容量が苦しくなったりします。

 

このように一時にまとめて大量通信が必要な場合に、公衆WiFiスポットに行ってそこで済ませられれば初月のデータ通信容量節約ができて助かる、というような使い方もあります。

 

訪問レクチャー(有料)など、サポートサービスの充実

 

有料ではありますが、

 

「訪問レクチャーサービス」(契約後にわからないことが出た場合の訪問レクチャーサポートサービス)

 

「NifMoあんしん保証」(故障時や水没時の端末保証)

 

といったものを提供しており、アフターサービスが充実しています。

 

あまりスマホの知識がなかったり、使い始めてからのことが不安だったりする方は加入しておくと良いと思います。

 

通信機能・サービスが充実傾向

 

通信機能・サービスに関して、以前は「高速通信残容量の翌月繰り越し可サービス」のみ対応でしたが、2016年9月末より「容量シェア」がスタートしました!

 

家族など、複数回線で契約した場合のデータ通信容量の追加ボーナス特典もあり、要チェックです。

 

また、直近3日間で大容量使用の場合の通信制限も制限値が大幅に緩和され、以前の3倍になりました◎

 

10GBプランの場合は1日あたり2.2GBまでなら使用しても速度制限がかかりません。動画等、容量の大きい通信用途が多い方でも使いやすくなっています♪

 

「NifMoでんわ」はIP電話利用のため、音質は多少不安だけどかけ放題

 

2015年末頃からサービス開始された「NifMoでんわ」は「通話料金定額でかけ放題!!」というサービスです。ただ、利用回線は完全に電話回線ではなく、一部インターネット回線のIP電話を利用したサービスになります。そのため、電波状況によって音質がバラつくことがあります。

 

NifMoでんわで「安く話し放題!!」と期待して契約しようとしている方は上記の点は留意した方が良いと思います。

NifMoの評判・口コミは?

NifMoを実際使っている方に聞いた、評判・口コミ集です!

 

自宅用の固定回線とセットで利用している方が多いようです。

 

(注)掲載している口コミは個人の感想・体験談になります。機能や性能を保証するものではない旨、ご承知ください。

 

<60代男性からの評判・口コミ>

セッティングなど苦労したところもありますが、節約できて満足です。

 

今までNTTドコモの機種を3〜4年使っていましたが、料金はほぼ一定で毎月7千円以上かかっていました。

 

使い方はメール送信と2、3日に1回程度の動画試聴(数分以下)、経路案内、Facebook、ニュース配信など通信量が比較的少ないアプリ、あとは通話(発信は1日1回以下)という状況でしたので、ガラケーに戻すことも考えていました。

 

そんな中、格安SIMなら自分の使い方にピッタリだし、料金も大幅に節約できて数か月で元がとれると思い乗り換えました。

 

NifMoを選択した理由は、料金もそこそこ安く、バリュープログラム等の特典に惹かれたのと、自宅の固定回線で同じNiftyのものを使用していたためです。

 

契約はネットでしましたが、セッティングに苦労した他、当時は音声通話付でMNP乗り換え時のタイムラグもあったのでスムーズとはいえませんでした。キャリアのように手取り足取りのサポートはないので、このあたりは要注意だと思います。

 

通信速度に関しては、地方に住んでいるためか問題は感じていません。

 

都心部への出張時は朝夕と昼休み前後に多少の低下を感じますが、メールとWebサイト確認、経路案内アプリを利用する範囲では気にならず、この時間帯の速度低下は大手キャリアの場合も同じと思います。

 

事前に期待していたバリュープログラムに関しては嗜好に合うショップやアプリが少なく、今のところほとんど恩恵は受けていませんが全体的には料金が安くなって満足しています。

 

周囲の同世代には「通話・データ通信も少なめ」のライトユーザーが多いため、“毎月数千円のコストダウンにつながるはず”として格安SIMを勧めています。

 

ただし、契約手続きおよびセッティングがストレスになる人と思われる人には、デメリットもきちんとお話ししています。

 

<30代男性からの評判・口コミ>

通信速度、普段使いする分には問題ないと感じています。

 

格安SIMを利用する前はソフトバンクと契約していたのですが、契約の2年縛りがずっと嫌だと思っていました。

 

極めつけは機種変更のためにショップを訪れたところ、電話通話なんてほとんど使わないのに、機種変更と同時に定額制の音声通話プランにプラン変更するように強く迫られて気分を害したのが理由です。

 

格安SIMで>SIMフリーのスマホを使えば自由度が高く、自分に合ったプランを安く使えると思って利用しようと思いました。

 

NifMoは料金が安く、割引サービスがあったこと、追加料金不要で有料のWi-Fiスポットの使用が可能という特典があったことが主な理由で契約しました。自宅の光インターネットのプロバイダがniftyだったので、割引料金で利用ができています。

 

契約はネットで、申し込みやSIMカードとスマホ端末が届いてからの手続きについては特に問題はありませんでした。

 

しかしネットで申込手続きをしてからスマホセットが届くまでに9日間もかかってしまったので、もう少し早く送って欲しいと感じました。

 

月のデータ通信はだいたい3GBくらい使用をしています。

 

朝7時位にヤフージャパンアプリを使って気になるニュースと天気予報をチェックし、12時頃と20時頃にも同様のチェックをします。あとはLINEやGmailの着信があった時には時間に関係なく対応をします。

 

格安SIMに変えてからはソフトバンクを使っていた時と比べると4Mbps〜6Mbpsくらい速度が低下していると思います。

 

しかしヤフージャパンアプリの使用感はほとんど変わりませんし、体感で使いにくくなったという感じはしません。使用できる高速データ通信量が3GBしかないのもあり、自宅のWi-FiやNifMoの特典で利用できる公衆のWi-Fiスポットを度々利用しています。

 

1ヶ月あたりの通話時間は非常に少なく、3分くらいです。たまに友だちや親戚などと通話をしたくなった時にはLINEやSkypeなどの無料通話アプリを使っています。

 

キャリアメールの代わりはGmailを使っています。公式アプリを使えばプッシュ通知も出来ますし、問題ありません。

 

格安SIMは大手携帯電話会社と比べて速度が遅くなるという情報を事前に得ていたので、遅くて使い物にならなかったらどうしよう、という不安はありました。

 

実際に使ってみたところ、確かに若干速度は落ちましたが、普段使いには問題ない程度の速度が出ていますし、大容量ファイルのダウンロードをするときには自宅の光インターネットのWi-Fiを利用するので、全然ストレスはありません。不安は杞憂に終わったので良かったです◎

 

<20代男性からの評判・口コミ>

固定回線とセットで割引利用できています◎

 

毎月のスマホ代金の支払いをより安くしたかったので乗り換えしました。大手キャリアのプランは高く複雑なのが嫌でしたね。

 

さらにキャリアの場合、今まではスマホ端末を実質ゼロ円で購入できていたのですが、それができなくなったのも大きく影響しています。

 

スマホ端末の実質ゼロ円が無くなる代わりにもっと基本使用料が安くなると聞いていたのですが、蓋を開けてみれば、期待していたような安いプランは出てこずに端末代金だけが高くなる単なる値上げ措置となっていたので、これ以上契約するのが嫌になったのです。

 

格安SIMなら私が求めていたような分かりやすく安いプラン・基本使用料でサービス提供していたので乗り換えを決めました。

 

NifMoは基本使用料が安かったことと、特典が多かったこと、音声通話がかけ放題のオプションがあったことが選んだ大きな理由になります。

 

私が選んだプランは基本使用料が1600円のプランなのですが、自宅の光インターネット回線のプロバイダが@niftyということもあって、セット割引が適用されました。

 

契約はネットでしたが、問題なくできました。

 

MNPを利用したネット契約ということで、スマホが全く利用できなくなる日が何日かできてしまうのでは、と思っていたのですがSIMカードが届いてからMNPの完了手続きを行ったので、スマホが利用できなくなった時間はごく僅かでした。

 

データ通信は月おおよそ2GB使っています。時間に関係なく使っているアプリはLINEとヤフーメールアプリ、グーグル検索です。これらのアプリは通知があった時や必要となった時などにその都度利用しています。

 

朝8時頃と夜11時頃に天気予報アプリで天気の確認を行い、昼の12時頃にスマートニュースというアプリでニュースのチェックを行っています。また夜の9時から11時頃にはアプリで購入したゲームをしたりしています。

 

格安SIMに変えてからは若干速度の低下は感じますが、問題を感じるほど深刻な感じはしません。

 

工夫というほどではありませんが、自宅に居る時は自宅のWi-Fiを使い、BBモバイルポイントが使える場所ではBBモバイルポイントに接続してネットをしています。

 

電話通話は月2時間くらいはしてますが、「NifMoでんわ」の国内通話し放題プランに加入しているので、通話料については全然問題ありません。

 

キャリアメールの代わりもヤフーメールにて問題なく利用できています。

 

 

NifMo公式ページへ