※ お得なキャンペーン情報 ※

マイネオが、6ヶ月間も月333円から利用できる超お得なキャンペーンを実施中です。



この夏、どの格安SIMよりもお得なキャンペーンだと思います。

マイネオ公式ページへ

格安SIMへのMNP手順は?実は簡単なネット手続き総まとめ

MVNO・格安SIMスマホ申し込みステップ4

 

格安SIMへ乗り換えたい!

 

・・でも具体的に何を準備すればいいの???手続きの流れは?

 

という方向けに、乗り換え方法を図解入りで総まとめ!してみました。

 

マイネオをはじめとした格安SIMは、実店舗に行かなくてもインターネットで簡単に申込・手続きできるというのが良いところ。

 

手順も思ってるほど難しくないので、下記の記事を参考にやり方をチェックしてみてください。


格安SIMへの乗り換えは4つの作業をこなせばOK!

MVNO・格安SIMスマホ乗り換え手順

 

格安SIMへの乗り換え手続きは複雑でやることが多いイメージですが、乗り換え作業自体は大きく分けて「4つ」しかやることはありません。4つというのも「最大で4つ」です。

 

現在使っている携帯電話会社から電話番号引継ぎで乗り換えをしない、新しく電話番号を取得する!という場合はCのMNP転入手続きは必要ないです。

 

さらに、スマホ端末もセット購入する場合は、Bの端末の設定も予めされて届くので、ほぼ必要ありません。

 

えっ、たったこれだけなの?
そう、やればできそうでしょ〜?

 

スマホの端末も変える場合はアプリを入れ直したり、LINEの設定を引き継いだり・・とかはあるけど、乗り換え作業自体はこんなもん!

そうなんだ〜!
かかる時間も「マイネオの契約から発送までどれくらいかかるか?」によって変わるけど、作業自体はトータルで1時間かかるか、かからないか位だよ!
電話番号そのままで乗り換えの時は、電話が使えなくなる期間が出る格安SIMもあるって聞いたけど・・?
マイネオの場合、SIMが届いてから開通手続きするからそれも大丈夫。

 

電話が使えなくなる期間は無いに等しいと考えてOKだよ!

 

それでは、4つの手順をどのように行っていくか?順を追って説明します。

 

<注記>

 

当記事は「音声通話付」で乗り換えの方向けです。

 

「データ通信専用」や「データ通信+SMS」を契約の場合は身分証の提示は不要。さらに簡単な手続きで済んでしまいます。

 

(※端末セットを分割で購入する場合、データ通信専用SIMでも身分証が必要です)


格安SIM・スマホへ乗り換え時の事前準備物

MVNO・格安SIMスマホ乗り換え準備物

 

まず、格安SIMへ乗り換えする時、どのようなものを準備する必要があるか?をご説明します。

@MNP予約番号(電話番号引継ぎで乗り換えの場合のみ)

MNP番号

 

現在スマホ・携帯電話を使っている方で、今の電話番号のままで乗り換えしたいなら必要です。

 

予約番号はどうやって取得するのか?については後の<ステップ1>にて説明します。

Aクレジットカード

MNPクレジットカード

 

格安SIMの支払いに必要です。

 

申し込み時に番号の入力が必要なので、手元に準備しましょう。

 

支払いってクレジットカードしかダメなの?
うん、MVNOの場合、ほとんどがクレジットカード払いになるよ。

B本人確認書類

MNP免許証 

運転免許証もしくは運転経歴証明書
顔写真付き住民基本台帳カード、もしくは個人番号カード
パスポート
身体障害者手帳
在留カード、外国人登録証明書、特別永住者証明書もしくは外交官等住居証明書

 

のいずれか一点が申込時の本人確認のために必要です。(有効期限内で、氏名 / 住所が申し込み内容と一致するもの)

 

上記が無い場合、下記@Aの組み合わせでもOKです。

 

@被保険者証(健康保険証、国家公務員・地方公務員共済組合員証、私立学校教職員共済加入者証)
A補助書類(公共料金領収書または住民票。発行から3カ月以内で現住所の記載のあるもの)

 

また、後ほど説明しますがネット申し込み時に必要なのは、正確には上記の「本人確認書類の画像写真データ」になります。

CWebメール(フリーメール)のアドレス

MNPメールアドレス

 

手続きを進めるために、本人確認や各種情報の連絡先として、何らかのメールアドレスが必要になります。また、契約後も最初に登録したメールアドレスに色々な情報が入ってきます。

 

乗り換えしてキャリアを解約した時点で、キャリアメールは使えなくなりますので「Gmail」や「Yahoo!メール」などのWebメール(フリーメール)アドレスを取得しておきましょう。

DWi-Fi接続環境(乗り換え後、iPhone利用の場合のみ)

MNP wi-fi

 

iPhoneを利用する方は、最初の設定の時にWi-Fiのインターネット接続環境が必要です。

 

Wi-Fi通信できる、

他のスマホ(テザリングできるもの)
家の固定回線、ポケットWi-Fi、WiMAX

 

等を準備しましょう。

 

上記がない場合は、利用できる公共のFREE Wi-Fiスポットを事前に探しておきましょう!

 

Android端末を利用の方は、Wi-Fi環境がなくても設定できますので大丈夫です。

 

@〜Dを準備しないといけないんだね!必ず全部必要になるのかな?
いや、この中で確実に必要と言えるのはA〜Cの3つだね!

 

「@MNP予約番号」は電話番号引継ぎで乗り換え以外なら必要ないし、「DWi-Fi接続環境」はiPhone以外なら必要ないよ!

スマホ端末本体は、SIMとは別で必要

SIM乗り換えのための準備物は上記のようになりますが、「SIMのみ契約で乗り換え」の場合は「スマホ端末本体」は自分で準備する必要があります。

 

その端末は、「今まで使ってきたスマホ」でも「他の店で自分で購入したスマホ」でも問題はありません。

 

ただ、iPhone以外のスマホ端末の場合、マイネオで使えるのは

 

ドコモ、もしくはauで購入したスマホ端末(ドコモ、auのSIMロック端末)
SIMフリー端末

 

のどちらかになります。

 

※ソフトバンクで購入した端末については、2018年8月1日から受付開始となります

 

また、ソフトバンクで購入したものでもiPhoneなら利用可能なケースが多いですが、その場合は携帯電話会社にてSIMロックの解除手続きが必要です。

 

尚、自分が使おうとしている端末が使えるかどうかは、マイネオのホームページで確認できます。

 

⇒ マイネオ動作確認端末一覧/auプラン(Aプラン)

 

⇒ マイネオ動作確認端末一覧/docomoプラン(Dプラン)


<ステップ1>MNP予約番号の取得 (現在契約している携帯会社の解約手続き)

MVNO・格安SIMスマホ申し込みステップ1

 

このステップは、「今使っている携帯電話番号のまま、格安SIMへ乗り換える方」が必要!

 

「格安SIMで新しく携帯番号を取り直す方」は解約手続きは必要ですが、MNP番号取得は必要ありません。

 

また、初めて携帯電話の契約をする方はステップ1は完全に不要です。

 

いよいよここからは、乗り換えステップの説明に入ります!

 

・・と、その前に「そもそもMNPって何?」ということについてですが、超ざっくり言いますと「今使っている携帯電話番号のまま、他社へ乗り換えする」ことです。

 

具体的な手続きとしては、現在契約している携帯電話会社に連絡して

 

@解約の旨を伝える
AMNP予約番号を教えてもらう

 

という手順。なので、「MNP予約番号を取得する」=「現在契約している携帯電話会社の解約手続き」ということになります。

 

<補足>

 

MNP予約番号には発行後に15日間程度の有効期限があります。

 

有効期限内に実際に乗り換え手続きが完了、予約番号が使われると「現在の契約が解約」になります。

 

なので、MNP予約番号取得したものの「やっぱり乗り換えやーめた!」と、期限内に使われなかった場合は解約はされません。

 

MNP番号の具体的な取得方法としては、

 

契約している携帯電話会社の予約番号取得窓口へ電話する
インターネットでマイページからの手続き
近くのキャリアのサービス店舗に直接行く

 

のどれかですが、一番手っ取り早いのは電話です。現在契約している携帯電話会社の解約申し込み窓口に電話して、MNP予約番号取得希望の旨、伝えましょう。

 

キャリア各社の連絡窓口番号は下記になります。

 

ドコモ:151(携帯電話から)、0120-800-000(一般電話から)
ソフトバンク:0800-100-5533
au:0077-75470

 

「MNP移転の手続きをお願いします」と申し出ると、多かれ少なかれ理由を聞かれたり、引き留めのトークが始まったりします。

 

(ちなみにネットで番号取得手続きの場合も、最初に「本当にいいですか?」「今のプランに満足できないなら他にこんなプランもありますよ?」など色々な画面が出てきます。)

 

ですが、率直なところを伝えれば案外すんなり予約番号を教えてくれますので、ここはサクッとかわすようにしましょう。

 

MNP番号には、

予約番号
有効期限

があるので、どちらもしっかりメモって控えておきましょう。マイネオの契約手続きの時に入力が必要です。

 

▼ ソフトバンクでMNP移転の手続きをした時は、このようにSMSで通知が届きました。

 

 

あと、予約番号発行のためには2,000円程度の事務手数料がかかります。携帯電話料金に加算されて引き落としになるので考慮しておいてください。


<ステップ2>乗り換え先の格安SIM契約手続き

MVNO・格安SIMスマホ申し込みステップ2

 

<ステップ1>でMNP予約番号の取得が終わったら、そのまますぐに乗り換え先の格安SIM会社の契約手続きを行いましょう!

 

なぜ「そのまますぐに?」かというと、上記の通り、MNP予約番号には「有効期限」があります。契約の時には、その有効期限が「MVNOが指定する期間以上残っていること」が必要だからです。

 

番号取得から時間が空くと、忘れてしまって有効期限切れになり、また取り直し・・なんてことも起こりかねませんので早めに申し込んでしまいましょう。

契約手続きの流れ

いよいよ契約手続きですが、手続き自体は各MVNOのホームページ申し込み画面から、手順に従って必要情報を入力していけばOKなので難しくはありません。

 

例として、マイネオの契約手続きを流れに沿ってやってみます。

 

大事な部分だけ説明します。まずは公式ページにアクセスします。

 

マイネオ公式ページへ

 

▼ 流れに沿って進んでいきます。

 

 

 

 

▼ エントリーコードをお持ちでない方や、よく分からない方は「通常のお申し込み」です。

 

 

▼ プランの選択。SIMフリー端末や、SIMロック解除した方はどちらでもOKです。キャリアで使っていた端末をSIMロック解除せずに使う場合、そのキャリアに合わせてプランを選びます。

 

 

▼ 音声通話付きの場合は「デュアルタイプ」です。

 

 

※ ここから先は省略しているところがありますのでご了承下さい。

 

▼ 既に端末がある場合は「SIMカードのみを購入する」です。

 

 

▼ SIMカードの種類を選びます。私はiPhone7なので、「nanoSIM」を選びました。

 

 

▼ MNP移転なので上です。

 

 

▼ ここに、キャリアから発行されたMNP予約番号、電話番号、有効期限を入力します。

 

 

▼ 契約にあたり、事務手数料とSIMカード発行料を合わせて3,608円かかりました。

 

 

▼ オプションを申し込まなければ、3GBで月々このぐらいです。私は一切オプションを申し込んでいません。

 

 

※ キャンペーン期間中に申し込んだ場合は後日キャンペーン価格が適用されますので安心して下さい。

 

▼ 運転免許証などをスマホで写真を撮り、アップロードします。引っ越しをして裏面に新住所が記載されている場合は裏面もアップロードします。

 

 

▼ 仮申し込みが完了しました。

 

 

▼ 登録したメールアドレスにメールが届いていますので、その中に記載のURLをクリックします。

 

 

▼ これで申し込みが完了です。

 

 

この後審査が入り、審査が通ればSIMカードが出荷されます。

ネットで格安SIM申し込み時の注意点!

マイネオではありませんが、MVNOによってはサイトの構成上、申し込み手続き完了後に「本人確認書類のアップロード」を行う場合があります。

 

@契約申し込み入力を完了

A登録したメールアドレスに送られてくるメールから「本人確認書類アップロードページ」にアクセス

B本人確認書類のアップロード

 

という手順。この場合、Bが忘れがちとなってしまい、全て完了しないと契約手続きとしては成立しません。

 

Bまで完了しないと、せっかく申し込み入力した内容もタイムアウトで消えてしまいますし、SIMカードも送られてきませんので注意しましょう!

 

UQmobile注意点 


<ステップ3>SIMカード・スマホの到着、ネットワークの設定

MVNO・格安SIMスマホ申し込みステップ3

 

▼ 契約手続き内容に問題がなければ、時期によりますが、申込完了から2日〜1週間程度でSIMカードが自宅に到着します。(スマホ端末も購入した場合は、SIMと共に端末も)

 

 

▼ また、マイネオの場合はSIMが入った封筒とは別で、契約内容やID・パスワードなどが記載された契約内容通知書も届きます。
※別々の日に届くこともあります。

 

 

SIMが入った封筒だけでも手続きはできますが、ID・パスワードを忘れた場合は契約内容通知書を見ながら手続きを行うことになります。

 

▼ 到着したら、まずはSIMカードを差し替えます。SIMピン、クリップ、画びょうなどでできます。

 

 

設定作業の方法ですが、こちらもマイネオを例に実際にやってみたいと思います。

 

iPhone6以降でDプランを使う場合の例

詳細はホームページに詳しく書いてあります。

<Aプラン/au回線>

 

⇒ AndroidまたはFirefox OS端末設定方法

 

⇒ iPhone端末設定方法

 

<Dプラン/ドコモ回線>

 

⇒ Android、WindowsまたはBlackBerry端末設定方法

 

⇒ iPhone端末設定方法

 

▼ このURLにアクセスします。
https://mineo.jp/apn/mineo-d1.mobileconfig

 

▼ この画面になったら「許可」をタップします。

 

 

▼「mineo ドコモプラン」と表示されていることを確認して、「インストール」をタップします。

 

 

▼ パスコードを入力

 

 

▼ もう一度「インストール」をタップ

 

 

▼ 再度「インストール」をタップ

 

 

▼「完了」をタップで終わりです。

 

 

ちなみに、スマホ端末も同時購入する場合は、アクセスポイントがマイネオで予め設定されて送られてきますので、このステップは必要ないと考えてもらってOKです。

 

MNPをしない方はこの<ステップ3>で完了♪

 

一方、MNPで乗り換えの方は、その後に次の<ステップ4>で転入手続きが必要になります。

 

<ステップ4>が完了してから通話とネット接続ができるようになります。


<ステップ4>MNP転入手続き

MVNO・格安SIMスマホ申し込みステップ4

 

MNPを利用して乗り換えの場合、最後にMNP転入の手続きをして完了です。

 

転入手続きをするまでは、現在使っている携帯電話の契約が残っていますので、そのまま使用することができます。で、手続きが完了した後に、乗り換え前の携帯電話の契約は自動的に解約となります。

 

なお、MVNOによっては、この<ステップ4>を自分で行わなくても、SIMカード発送後数日が経過すると、MVNO側で転入手続きが行われて自動的に契約が移行する場合があります。ご承知おきください。

 

転入手続きの方法

具体的なやり方ですが、MVNOによって異なります。

 

ホームページからの手続き
電話での手続き
両方に対応

 

ここでもマイネオを例にやり方を紹介してみます。

 

▼ 転入手続きはマイページからできます。

 

 

@申し込み時に設定したIDとパスワードでログイン

 

A登録情報の変更/サポートの中の「MNP転入切替/回線切替手続き」を選択

 

 

B送られてきたSIMカード台紙の製造番号下4桁を入力
※電話番号の下4桁ではありません

 

▼ これで切替手続きは完了!

 

 

通常30分程度で今まで契約していたSIMカードが使えなくなり、マイネオでの通信・通話が可能になります。(夜に手続きすると、切替は翌日になることもあります。)

 

切替手続きの詳細は、「マイネオサポートページ」も参考にしてみてください。

 

現在契約しているのSIMカードが使えなくなってから、マイネオのが使えるようになるまでのタイムラグはほとんどありません。

 

※ 1時間経っても通話も通信もできない場合は再起動してみて下さい。私もiPhoneを再起動してから使えるようになりました。


まとめ

マイネオを例に挙げながらMNP契約手続きを流れに沿って説明してみました。

 

詳しく紹介したので長くなってしまいましたが、実際やってみると意外なほど簡単なので、あまり心配はいりません。

 

もしわからなければ、各社の「チャットサポート」や「お客様センターに電話」に問い合わせながらやるのも良いです。

 

文中に記載したあたりに気をつけて、乗り換えされる方はやってみてください!

 

マイネオ公式ページへ