Youtube動画閲覧に必要な通信速度はどれくらい?格安SIM・スマホ、MVNOユーザーも必見!

格安SIM検討中の方必見!Youtube動画の必要通信速度はどれくらい?

実測調査!Youtube動画閲覧に必要な通信速度はどれくらい?

youtube

 

 

格安SIM・スマホでは通信速度がキャリアよりも遅くなるのがネックです。そのため、キャリアではスムーズに利用可能な動画の視聴が不可になるんじゃ・・?という懸念がありますよね。

 

ただ、スマホ通信で動画閲覧に必要な通信速度はいったいどれくらいなのか?はっきりわからないケースが多いです。そこで、目安を知るために実測調査!してみました。

 

a

動画閲覧に必要な速度は?調査概要

 

ネットサーフィンのサイト読み込みの場合は表示までに待てる時間が各人で異なったり、サイトを全て表示するのに2 、3回断続的に通信が行われたりすることもあったりします。

 

そのため、何を基準に必要速度とするかの設定がなかなかバシッと決められません。

 

一方、動画の場合はその名の通り連続的に画像が受信できず途切れ途切れだと動画とは言えません。そういう意味で基準はシンプルに考えることができます。(途切れ途切れでもいいよ、という方も中にはいるかもしれませんが・・)

 

そこで

 

「通信開始後待ち時間無く、最初から最後まで途切れずに動画全てを閲覧できるのに必要な速度は?」

 

という観点から必要な通信速度の調査を行ってみました。対象は最もメジャーで利用頻度が多い動画サービスの「Youtube」です。

 

Youtubeではダウンロードが閲覧点よりも先行して進み、閲覧点が近づいてくると再びダウンロードが進むというサイクルが繰り返されます。プログレッシブ・ダウンロードと呼ばれる方式です。

 

理屈でいけば

 

@【動画の総データ量】/【動画時間】

 

A【実際の通信速度】

 

が@≦Aという関係性であれば、ダウンロードの待ち時間無く動画は途切れずに最初から最後まで閲覧できることになります。

 

よって

 

@【動画の総データ量】/【動画時間】

 

を実測・計算し、今回の条件を満たすのに最低必要な通信速度と考えました。

 

調査方法としては、「通信量モニター」というアプリにてYoutube動画1本をダウンロードするのにかかった通信量=【動画の総データ量】を測定しました。

 

そして、【動画の総データ量】/【動画時間】から必要な速度を算出しました。

 

 

(注)測定はアナログな手法で結果には誤差もありますし、通信環境や動画の仕様によって左右される要素もあります。下記に示す数値や閲覧可能時間帯などは目安として考えてください。

 

a


Youtube動画の通信容量調査結果【144p〜1080p解像度別】

 

Youtubeでは再生する時に「360p」、「720p」というように解像度(画質)を選択できるようになっています。

 

解像度を高く設定すれば画質が良くなりますし、低くすればその逆になります。画面サイズにもよりますが、

 

スマホ ⇒ 480p、720p

 

パソコン ⇒ 720p、1080p

 

あればかなり綺麗な画質でYoutube動画を見ることができます。

 

解像度毎でどのくらい通信データ容量がかかるのか?通信量モニターにて測定した結果です。

 

youtube動画通信容量 

 

動画の時間が長く、解像度が高くなるほど通信データ容量が増えるというのは当然の話ではありますが、同じ解像度でほぼ同じ時間の動画でもタイトルによってバラつきがありました。

 

これは誤差もあるとは思いますが、明らかにデータ容量が異なっているものもあり、各動画作成者がどのようにアップロードしているのか?その仕様によって違いが出ていると考えられます。

 

また、スマホ通信とテザリング通信では、一部のタイトルではテザリングの方が若干通信容量が少なめの傾向となっています。

 

イメージとしては同じかテザリングの方が多くなる、と思ったのですが、それに反する結果も出ています。これについては測定方法や、スマホとテザリングでの通信の違いが影響しているのかもしれませんが、明確な理由まではわかっていません。

 

因みに、異なる3機種のスマホ、6枚のSIMカードを用いた計測をしましたが、スマホ機種やSIMカードを変えたことによって結果に明らかな差が出るということはありませんでした。

 

ただ、Youtubeのバージョンがあまりにも古かったりすると通信制御方法も異なるのか、結果に差が出る様子が見られました。(掲載結果に関しては全てバージョンを10.14〜で揃えたものを載せています)

 

結果より、1分当たりのデータ通信量を計算すると、各解像度毎で平均値は以下のようになります。

 

144p :2MB

 

240p :3MB

 

360p :4MB

 

480p :7MB

 

720p :12MB

 

1080p :21MB

 

目安として、480pで10分間Youtube動画を見ればおおよそ70MBの通信容量を消費しますし、1080pなら210MB消費するということになります。

 

高速データ通信容量1GB/月のプランであれば、10分間の480p動画をおおよそ14回見ると通信容量を使い切る計算です。

 

Youtube動画閲覧の際に、どれくらいのデータ通信容量がかかるのか?データ容量プラン選定の際の参考にしてみてください。

 

a

Youtube動画閲覧に必要な通信速度調査結果【144p〜1080p解像度別】

 

上に掲載した通信容量測定結果から

 

@【動画の総データ量】/【動画時間】

 

を計算すると必要な通信速度の目安が算出できます。

 

結果としては下表のようになります。

 

youtube動画必要通信速度

  • 単位はMbps。

 

結果より、

 

「ダウンロードの待ち時間無く、途切れずに最初から最後までYoutube動画閲覧するのに必要な通信速度」

 

は平均すると各解像度毎で

 

144p :0.24Mbps

 

240p :0.37Mbps

 

360p :0.53Mbps

 

480p :0.89Mbps

 

720p :1.63Mbps

 

1080p :2.85Mbps

 

となりました。

 

144pなら0.24Mbps(240Kbps)、1080pなら2.85Mbpsが必要ということになります。これらの数値と具体的にMVNOで出る通信速度とを見比べて、実用性について考えてみます。

 

LTE高速通信時

 

MVNOでも高速通信で動画をガンガン見たいという方は多いと思います。ここでの高速通信はLTE規格(最大150Mbpsや262.5Mbps)を想定します。

 

結果からいくと、「480pなら0.9Mbps」、「パソコン高画質の1080pでも3Mbps」あれば動画は待ち時間無く、途切れずに閲覧可能ということになります。

 

これらの数値は思ったより低いな、と感じる方はいるのではないでしょうか。

 

当サイトではMVNOの通信速度をアプリで実測しています。

 

格安SIMの速度はどれくらい?参考ページ

MVNO速度タイトル

MVNO・格安SIMの通信速度実測比較!

 

MVNOでも時間によって上がり下がりはありますが、空いている時間帯なら実測値で10Mbps以上は余裕で出ています。

 

混雑時間帯は苦しくなりますが、速度良好なMVNOなら平均3Mbps以上出ているところもあり、上記と見比べると1080pの閲覧もクリアできる数値が出ていることになります。

 

ただし、

 

通信速度測定アプリでの速度測定

 

Youtube動画閲覧

 

ではアクセスしているサーバー等、通信の経路が異なります。また、速度測定アプリの測定方法も、平均値をとっているとは限りません。なので、速度測定アプリで上記数値が出ているからといって必ずしもOKとはなりません。

 

実使用にあたっては安定した速度が出ている必要がありますが、混雑する時間帯では速度の上がり下がりも激しいので、その分も考慮する必要があります。

 

計測速度数値の目安としては実使用感も踏まえると、算出した必要通信速度の1.5倍程度の余裕を見込んだ速度

 

480p ⇒ 1.5Mbps

 

1080p ⇒ 5Mbps

 

程度が速度測定アプリで確認できていればYoutubeの動画が待ち時間無く閲覧できる印象です。

 

実測結果と見比べると、通信速度が良好なMVNOの場合、下記が待ち時間無くYoutube動画閲覧が可能な時間帯目安と言えます。

 

480p〜(スマホ中画質)

⇒ 平日12時30分周辺の最混雑帯を除く時間帯

 

720p〜(PCテザリング中画質)

⇒ 上記の最混雑帯や、夕方〜夜などに通信が相当集中した場合の一時を除く時間

 

 

低速通信時(速度切替時、制限時)

 

低速切替時や速度規制が入った場合の通信速度は大抵の場合、200Kbpsに制限されます。

 

低速切替時の速度だと最低解像度の144pでも動画閲覧は厳しいという結果になりました。バースト転送機能がある場合も、速度が速くなるのは通信の最初だけなので効果はほぼ無く、同じ話になります。

 

ただし、これは動画通信を開始してそのまま最後まで閲覧しようと思った時の話で、ダウンロードが完了するまで待つならば勿論途切れずに閲覧は可能です。

 

参考までに低速通信200Kbpsにて10分の動画1本をダウンロードするのにかかる時間を計算すると、各解像度毎で

 

144p :12分

 

240p :18分

 

360p :26分

 

480p :45分

 

720p :81分

 

1080p :143分

 

になります。

 

144pであれば、計算上ダウンロード開始から2分程度待ってから閲覧開始すれば途切れずに最後まで見れることになります。この程度であれば待つのも可能かもしれませんが、それ以上の解像度になってくるとちょっと実用的でなさそうです。

 

低速時の動画閲覧に関してはなかなか厳しいかな、という結果です。

 

a

格安SIM・スマホ、MVNOでyoutube動画閲覧はできる?調査結果まとめ

 

MVNOでもLTE高速通信対応で通信速度が良好なところであれば、混雑時間帯でもYoutube動画閲覧が中画質以上で可能という結果です。

 

ただし、平日昼の最混雑時間帯は期待しないようにしましょう。また、朝晩の混雑時間帯も、通信が過度に集中した場合は動画が途切れる可能性があるのは考慮しておいた方がいいと思います。
 
空いている時間帯に関しては、高画質でも全く問題なく使えます。

 

一方で、200Kbpsの低速通信の場合、youtube動画は期待できない・・という結論になりました。

 

MVNOやプラン選定の際の参考にしてみてください!

 

格安SIMの速度はどれくらい?参考ページ

MVNO速度タイトル

MVNO・格安SIMの通信速度実測比較!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加      


<タイプ別>
おすすめ格安SIM3選!



<安心感重視>初めての格安SIMが不安なら!
初めての格安SIMが不安・・何を選べば良いかわからない・・という貴方にオススメ!

業界シェア、速度、機能、全てのレベルが高く、サポートもユーザー目線に立っていて良心的♪安心して使えます!

mineo


「初MVNOが不安な方へ!!」


大手評価サイト、専門誌で満足度ランキング1位獲得!
ドコモ & au回線でサービス提供、幅広い方が使える格安SIM。
通信機能・サービス」が充実していて、速度も安定感あり。「音声通話付でも解約手数料無料(※)」、「設定詳細ガイド冊子」、「何でも聞けるユーザーコミュニティサイト」で初MVNOとして安心感◎


3GBプラン

データ通信のみ:¥900/月
音声通話付:¥1,510/月〜


格安SIMの一番人気プラン!mineoなら「フリータンク機能」で少し使いすぎた月でも安心!もしプラン変更したくなった場合、契約後いつでもできるのも◎


公式サイトを見てみる >>


特徴まとめ・速度実測データ集 >>



<価格重視>とにかく安くしたい!節約重視なら!
格安SIMで徹底的にスマホの料金を節約したいという方にオススメ!SNSを沢山使うユース世代にも◎

業界でも最安値級の価格で大幅節約!だけどサービスは価格以上に「使えます」!

LINEモバイル


「スマホ代、月々1,200円で充分じゃん。」


LINEが提供する話題の格安SIMサービス。
ドコモのスマホを持ってれば、月々¥1,200〜の運用可!
無料通話も含めたLINEの各機能や、対象SNSでの高速通信データ消費がノーカウント!他ではできない、LINE年齢認証もできちゃいます◎
通信速度も良好♪


1GB LINEフリープラン

データ通信のみ:¥500/月
音声通話付:¥1,200/月


とにかく安くしたい貴方にイチオシ!LINEのフル活用で、最小限の通信容量でも、それ以上の使用感!!


公式サイトを見てみる >>


特徴まとめ・速度実測データ集 >>



<性能重視>通信速度や通話定額にこだわりたい!
格安SIMの中でも、なるべくドコモやauのサービスに近いものを選びたい!という貴方に。速度の安定感、通話定額のバリエーションはMVNOトップクラス!

「スマホ端末」「通話定額パック」「高速データ通信」がコミコミなセットプランがオトク♪

UQ mobile


「格安の域を超えた、充実のセットプラン!」


au子会社が提供するMVNO!
データの通信速度が速く、通話定額のラインナップが充実♪
特に「スマホ端末も同時購入」の方に全部コミコミのオトクなセットプランを提供!
学割に加えて、待望の大容量コースも新登場◎


ぴったりプラン・おしゃべりプラン


「通話定額パック」「高速データ通信」セットプラン:¥1,980/月〜


スマホ端末も同時購入を考えてるならイチオシのプラン!もう格安とは言わせない、充実のサービスです♪


公式サイトを見てみる >>


特徴まとめ・速度実測データ集 >>



格安SIMへの申し込み・乗り換え方法がよくわからない方へ! 手順を詳しくまとめました♪

MVNO・格安SIMスマホ申し込み

実は簡単!ネットで格安SIMへMNP♪乗り換え方法4ステップ総まとめ





このエントリーをはてなブックマークに追加      

MVNO検討中の方へのオススメ記事!!

格安SIM・関連ツール比較特集

MVNO各社通信速度実測比較


MVNO・格安SIM10回線の通信速度実測比較!!

ポケットWiFi?WiMAX?徹底比較!格安スマホの速度を補うベストツールは?

おすすめMVNO格安SIM

mineo&UQ mobile&LINEモバイル!おすすめMVNO3選を徹底比較!


格安SIMの疑問・不安解消記事特集

SIMカードとは

SIMカードとは?音声付・データ専用って?基礎〜設定法まで詳しく解説

MVNOのデメリット・評判は?26の口コミが語る格安SIMの現実

youtube

実測調査!Youtube動画の必要通信速度はどれくらい?

格安SIM不安

格安SIMの通話・通信品質は?なぜ安く遅い?納得の仕組み図解×9!


おすすめ格安SIM特徴まとめ・速度実測データ集

LINEモバイル

最安運用ならこれ!LINEモバイル通信速度実測&特徴

楽天モバイル

ポイント貯まる!使える!楽天モバイルの通信速度実測&特徴

UQ mobile

速度安定感No.1!UQ mobile特徴&通信速度実測

mineo

初MVNOにオススメ!mineo特徴&通信速度実測


関連ページ

Mbps、MB、パケット・・?通信速度ってどんなもの?
通信速度の単位など、基礎的事項
MVNOとキャリアの関係性は?通信速度図解
通信速度を図でわかりやすく考えてみる
スマホ使用に必要な通信速度の目安は?
実際、スマホ使用にはどれくらいの通信速度が必要?
MVNO・格安SIM10回線の通信速度実測比較!!
MVNO各社の通信速度実測結果を比較し、わかりやすくまとめました。