MVNO(格安スマホ、SIM)にまつわるQ&A

ここが気になる!MVNO・格安SIM Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加    

ここが気になる!MVNO・格安SIM Q&A

Q&A

 

MVNOってホントに大丈夫なの?問題なく使えるの?に対するQ&Aやトリビアを実体験交えながら、とりとめもなく更新します。

 

MVNO利用にあたり、気になっている情報が載っているかも!?参考にしてみてください。

 

 

 

a

節約したければ、そのうちキャリアからも低価格プラン出るでしょ?

断言はできませんが、今後そう簡単にDoCoMo、Softbank、auのいわゆる3大キャリアからMVNOのような低価格プランが出ることはないでしょう。

 

元々、MVNO発展の発端は総務省の施策によるものです。

 

総務省はスマホ携帯電話サービスが3大キャリアによって寡占され、価格・プランが硬直化・画一化してユーザーにとっての選択肢が少なく料金が高止まりしている状況を憂慮していました。

 

そこで、3大キャリアがほぼ独占しているスマホの通信帯域をキャリア以外の他社に解放し分け与える政策をまとめ、各キャリアに対して働きかけを行いました。それによってMVNO各社が手を挙げて参入し、発展してきている経緯があります。

 

MVNO発展はお国主導の政策

 

ということです。

 

モバイル創生プラン」においても総務省は明確にMVNOの利用者数増加を目標に掲げています。

 

そんな中、キャリアが「遅まきながら・・」でいきなり低価格プランを出そうものなら当然ユーザーはMVNOなど利用せずにそちらに流れますが、それでは今までの流れを無視することにもなるので、力を入れているMVNO各社は反発しますし、総務省も黙っていないでしょう 。

 

それに、

 

MVNOはキャリア回線の一部を利用 = キャリアはMVNOに通信帯域を販売

 

なので、キャリアからMVNOに利用者が流れた場合、利幅は変化するでしょうがキャリアが絶対的に困ることもありません。結局は回りまわってキャリアの利益となるのです。

 

さらに、「高額キャッシュバック⇒2年縛りの契約」等の現在のビジネスモデル、また利幅という観点からもキャリアにしてみればいきなり低価格プランは出しにくいしギリギリまで出したくないでしょう。安易に低価格なサービスを提供した場合、ブランド力の低下に繋がる可能性もあります。

 

なので、

 

高価格で回線混雑時に大容量通信でも快適に使えるリッチプランはキャリアが提供

 

低価格で多少の我慢をして使用する節約プランはMVNOが提供

 

ということで今後の棲み分けがますます明確になっていくことが予想されます。

 

 

 

a

「キャリア」⇒「MVNO」に変更して想定外だったこと、困ったことは?

MVNO使用にあたってのメリット・デメリット・注意点は「MVNOメリット・デメリット」にまとめていますので、参考にしてみてください。

 

管理人はデメリット含め、かなり入念に下調べをした後にキャリアからMVNOに移行した人間です。

 

後悔はしたくなかったので、移行した2014年末当時、今よりMVNOに関する情報は少なかったですが、ネット上の情報を掻き集めて「本当にMVNOでも大丈夫か?」検討しました。

 

それもあってか大抵のことは想定内でしたが、下記2点は想定外でした。全ての方に当てはまるわけではありませんが、盲点的な所であったりもするので体験談として参考いただければと思います。

 

@通話だけでなく、メールに関しても同キャリア間では無料送受信分が存在する

 

・・これはMVNOに移行したからどうこう、ということではなく、「同キャリア間通信⇒異キャリア間通信」と変化した場合も起こりうる事になります。

 

同キャリア間でのサービスについての認識を管理人がしっかりできていなかった、というお話です。

 

MVNOに移行すると当然、「docomo ⇔ docomo」、「Softbank ⇔ Softbank」等の同キャリア通信・通話の場合に適用されるサービスはなくなることになります。その場合に、無料通話がなくなるのは重々承知の上でした。

 

しかし、メールに関しては同キャリア間通信でも異キャリア間通信でも、送信の際にお金がかかることがあっても受信はいくらしても無料だと思い込んでいました。

 

実際はそうではなく、

 

@ガラケーを使用している等、パケット(データ通信)使い放題プランでない

 

A同キャリア間の通信でない(メール送受信無料のサービスがない)

 

という条件が重なった場合、メールを送受信したデータ量分、しっかり料金が加算されていきます。

 

管理人は元々3大キャリアのsoftbankユーザーでしたが、MVNOに移行後も変わらないノリでsoftbankガラケー宛に数MBサイズの写真をガンガン送っていたところ、月末の請求を見て相手から驚かれてしまった次第です。

 

(※)お互いがスマホを使用している場合は、まず間違いなくパケ放題どうしの通信になるので問題ありません。

 

MVNOにおいてもデータ通信が低速になる(データ通信やり取りに時間がかかる)ことはあっても、基本的にパケットは使い放題です。

 

なので上記ケースでも「MVNOを利用していている管理人側」に多額のデータ通信請求が来ることはありませんでしたが、MVNOに移行したものの上記を意識していなかったので、「パケットし放題でない送信先の相手」に迷惑をかけてしまった、というお話です。

 

相手も自分がパケットし放題でないことを認知してデータを受信しないようにすれば問題ないのですが、こちらがキャリアを変えただとか、MVNOに移行しただとか、そこまで意識していることは少ないでしょう。

 

音声通話のことだけ考慮していると意外と抜けてたりする事項なので注意いただくといいと思います。

 

ちなみに上記の相手に関して、現在は

 

ガラケー宛で送信する場合、写真を圧縮して小さいデータ容量で送る

 

大容量のまま送りたいデータの場合にはパソコンのメール宛に送る

 

という風にやり方を変え、問題なく運用しています。

 

 

Aキャリアメールのアドレス宛にWebメールから送信するとブロックされて届かないことはやっぱりある

 

MVNOにおけるメール運用の注意点については「キャリアメールとWebメール」にて記載していますので、参考にしてみてください。

 

上記リンク内でも記載していますが、MVNOでは基本的に「Webメール」を使用することになります。

 

MVNOに移行する際、ネット情報で事前に「Webメールアドレスからキャリアメールアドレス宛にメール送信するとブロックされることがあるらしい」ことは知っていたのですが、それでも実際MVNOに移行して本当に届かずブロックされたというメッセージがくると、ちょっとショックでした(笑)。

 

ブロックされたメッセージが来ればまだいいのですが、相手のキャリアや設定次第では、双方に何の連絡も来ずに届いていない、ということもあります。

 

これが一番タチの悪いパターンで、こちらが「届いた」と思って相手から何の連絡も来ないと、すれ違いが生じ、お互いの関係性にヒビが入る・・なんてことにもなりかねません。

 

といっても対象はごく数名でした。届かなかった相手も、通常であれば間違いなく返信くれる所を返信が来なかったので、「ブロックされたんだな」と気づくことができました。

 

届かない相手に関しては解除をお願いしてみたり、LINEやSMSでのやり取りで事足りているため 、結果的には困っていません。上記を含めた注意点も「キャリアメールとWebメール」で記載しています。参考にしてみてください。

 

 

 

上記@Aの他で大きく想定外だったことはありませんでした。当初色々心配していたのは取り越し苦労で、思ってた以上に普通に使える、というのが実際の所です。

 

 

 

 

a

MVNOの音声通話の品質は大丈夫なの?

child_smartphone

 

音声通話の電話回線に関しては、インターネットのデータ通信回線のような共用回線(ベストエフォート方式)とは異なり 、個々に割り当てられる専用回線を使用しての通話となります。これはMVNOにおいても変わりません。

 

そのため、データ通信回線のような回線混雑等の要因による品質低下はありません。基本的に全てキャリアの設備を利用しているという仕組みから考えても、キャリアと同等と考えて差し支えないでしょう。

 

実際の使用感としても 、MVNOで音声通話した時と、キャリアで音声通話した時とでは通話品質は変わらないと感じています◎

 

 

a


データ通信専用SIMと音声通話対応SIMで通信速度は違うの?

大抵のMVNOでは

 

データ通信専用SIM

 

音声通話対応SIM

 

の両方を提供していますが、同じ会社が提供していたとしても、上記2つで回線や通信速度は異なるの?という疑問です。

 

因みに2つのSIMの違いについては「MVNO通話・通信プラン」に記載していますので、参考にしてみてください。

 

それぞれのSIMで通信速度が異なるのか?は、例えば現在「データ通信専用SIM」で運用していて、今後「音声通話対応SIM」に変更したいという方には気になる情報かと思います。

 

「データ通信専用SIM」で試用してみて問題ない速度が出ていたので、いざキャリアを解約してMVNOに電話番号も移行したものの、「音声通話対応SIM」では速度が全然違った・・となったら困りますからね。

 

これに関してはIIJmioOCNモバイルONEDMMモバイルの大手3社に直接問い合わせて聞いてみました。回答結果としては、3社とも「変わらない(同じ回線を使用している)」ということでした。

 

全社に確認したわけではありませんが、MVNO各社で互いにそうそう変わった運用をしているとは思えませんので、他社においても上記と同様と考えて差し支えないと思います。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加    

  当サイトおすすめMVNO・格安SIMランキングTOP3!

mineo

mineo

「初MVNOが不安な方へ!!」

DoCoMo & auでサービス提供するマルチキャリアMVNO。
通信機能・サービスが充実し、速度も安定感あり。
設定詳細ガイド冊子」、「音声通話付でも解約手数料無料(※)」、「ネットでもMNP切替即時開通サービス」で初MVNOとして安心感◎

もっと詳しく知りたい!

⇒「ポイント徹底解説!mineo特徴&通信速度実測

UQ mobile

uq mobile

「au回線利用!MVNO随一の通信速度!」

au子会社提供のMVNO!!
サービス開始当初から抜群の通信速度安定感を維持し、「通信機能・サービス」も拡充↑
ネットでもMNP切替即時開通サービス」で乗り換えサクサク◎

もっと詳しく知りたい!

⇒「ポイント徹底解説!UQ mobile特徴&通信速度実測

LINEモバイル

LINEモバイル

「LINEあれば格安SIMで充分ですよ?」

LINEが提供する話題の格安SIMサービス。
LINE無料通話などは高速通信データ消費カウントされず、年齢認証も可能◎通信速度も現状良好です!
データ通信量増量キャンペーン実施中↑

もっと詳しく知りたい!

⇒「ポイント徹底解説!LINEモバイル特徴&通信速度実測



MVNO検討中の方へのオススメ記事!!

MVNO各社通信速度実測比較

MVNO・格安SIM10回線の通信速度実測比較!!

ポケットWiFi?WiMAX?徹底比較!格安スマホの速度を補うベストツールは?

iphone mvno

iphone7でMVNO!格安SIMでの注意点×4を徹底レポート!

lineモバイル


LINEで賢く節約を◎LINEモバイル通信速度実測&特徴